【2021年最新】改良されたエナジープラスについて

私が今現在、毎日欠かさず飲んでいるサプリ“エナジープラス”が、2020年末頃に改良されましたので、これまでとの違いなど好きなように語らせていただきます。

私がエナジープラスを毎日飲んでいる理由

時節柄、体温を36℃以上に保っていないと危ないからです。

そう、飲み続けている理由は某ウィルスの流行です。

某ウィルスがメディアの報道のとおり実在するとしたならば、ウィルス相手に低い体温でいるのは「どうぞ感染して下さい」と言っているようなもので、非常によろしくないからです。

ウィルスは低湿度と低温下で活性化するので、湿度と体温を高く保っていれば、増殖を抑えることができます。

 

とりあえず、体温が高ければ普段よりも水分補給をしますので、高体温にだけフォーカスしておくようにしました。

湿度気にするのめんどくさいので

そういうわけで、血流を良くし体温を上げるはたらきのある高麗人参を毎日飲み続けています。

飲み始めたきっかけも余談がてら最後にお話ししていますので気になる方はお付き合い下さい。

【2021年最新】エナジープラスはココが変わった

  • Eleuthero(エゾウコギ)
  • American Ginseng(アメリカニンジン)
  • White Willow(ホワイトウィロー)
  • Noto Ginseng(三七人参、田七人参)
  • Kola nuts(コーラナッツ)
  • Panax Ginseng(高麗人参)
  • Yohimbe(ヨヒンベ)

  • Eleuthero(エゾウコギ)
  • Yohimbe(ヨヒンベ)
  • Caffeine(カフェイン)New!
  • American Ginseng(アメリカニンジン)
  • Panax Ginseng(高麗人参)
  • Kola nuts(コーラナッツ)

ご覧のとおり、田七人参とホワイトウィローが抜けました。

生薬についてよくご存知の方は、この配合を見ただけで「あ、ものすごいアゲアゲ仕様になったな」というのがおわかりかもしれません。

高麗人参と田七人参の違い

田七人参は効能に於いては高麗人参とかぶるところも多いですが、大きな違いはその反応のマイルドさです。

高麗人参は体感のスピードが速いのに対し、田七人参はゆったりとしています。

高麗人参とアメリカニンジンで陰陽のバランス

ホワイトウィローは「天然のアスピリン」といわれるほど鎮痛鎮静作用にすぐれています。激しい体感のものが多い海外のダイエットサプリを摂る場合にぜひセットで持っておくといいものです。

 

エナジープラスの場合、高麗人参の激しい反応とバランスをとるような陰のはたらきをしてくれるアメリカニンジン(西洋人参)が配合されているため、ホワイトウィローがなくてもアメリカニンジンで十分カバーができていると考えられます。

飲んだらすぐにわかった体感の違い

それまでずっと飲み続けていましたので、当然成分表示なんて見ないで届いたエナジープラスをいつもどおり飲みました。

口に入れた瞬間、やたらと高麗人参の香りがしたため、最初は郵送事故か何かでボトルの中で破けて粉末が出ているカプセルがあるのかと思いました。

 

さらに飲んで30分~1時間くらいで体温の上昇を感じ、手の表面や足の裏がうっすら湿るくらいになりました。

体温が上がる感じはそれまでも安定してありましたが、この手の表面や足の裏がうっすら湿る感覚が毎回起こるのは初めてでしたので、そこでラベルを確認して変化に気づいた次第です。

10ヶ月間毎日欠かさず飲んでみた結果→【実験】高麗人参(サプリ)を約10ヶ月飲み続けた結果

以前よりも強くあらわれている高麗人参

この「湿る」という感覚は、高品質な高麗人参に見られる特長です。高麗人参は氣を補うと同時に、渇きを癒やしうるおいを補うはたらきがあります。

万能すぎてなんなの?高麗人参の話→【万能】高麗人参(Panax Ginseng)が凄すぎる件

 

エナジープラスの配合は同ブランド独自となっており公開されていませんが、どう考えても高麗人参の配合が増やされたか、もしくは高麗人参がより高品質なものに替わっています。

エナジープラスを飲み始めたきっかけ(余談)

2019年の冬に風邪をこじらせてしまい、しつこい咳だけが1週間近く残っていました。

私は以前に抗生物質で腸内環境がひどいことになり、1ヶ月半くらい地獄をみましたので、意地でも抗生物質だけは摂りません。そもそもウィルス性疾患に抗生物質はほとんど意味ないですし……。(抗生物質=細胞膜を破壊する ウィルス=細胞膜がない)

 

あまりに辛かったので、いろいろ調べた結果、呼吸器系が苦しいタイプの疾患には高麗人参がすごく良いと知り(古来、「痰切りの生薬」として有名)、飲まなくなって残っていたSOSバーンS(成分に「Panax ginseng:高麗人参」を含む)をダイエットのときと同じペースで飲み始めました。

すると、2日くらいで一気に楽になり全快したのでした。

体重も落ちてしまいましたが

 

その経緯があって高麗人参など人参系生薬に興味が爆発し、数多のサプリを調べた結果、SOSバーンSと同じブランドのエナジープラスという、人参系生薬がバランスよく配合されたサプリを定期購入するようになったのでした。(「エナジープラス」という名前ですがべつにエナジーが欲しかったわけではありません)

 

そのうちに例のウィルスの流行がメディアで騒がれるようになり、

なおさら高麗人参やろ

ということで、ヘビーローテションを決めた、という経緯です。

 

 

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。




Pass it on!
本コンテンツは個人輸入を能動的に誘引する目的で書かれたものではなく、あくまで個人の感想や体験を述べているものです。購入はお客様の判断で、自己責任でお願いします。
日本在住のお客様への大切なご注意: 当サイトで取り上げる製品は日本において再販売登録がされていないものがあります。もしご購入される場合は個人輸入のためのみにお買い求めいただけます。このウェブサイト及びリンク先サイトに掲載されている製品によっては、日本では医薬品成分であるものが含まれている場合がございます。自己の責任のもと、個人使用を目的にお求め下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。