【閲覧注意】ヴァーノン・コールマン博士の最新の警告

有志の方(Chihiro Sato-Schuhさん)が「ヴァーノン・コールマン博士の最新の警告」を全文翻訳してくださいましたので拡散のため転載します。7000字近い長文ですが、考えさせられる内容です。

某ワクチンを接種したくない、まだ接種していない方向けの内容です

もし周囲に不安になっていらっしゃる接種済みの方がいらっしゃいましたら、

こちらの記事で「もし私がワクチンを打ってしまったらこうする」というのをまとめていますので、そちらを教えて差し上げて下さい。

お役に立てば幸いでございます。

接種した人たちは全員秋から氏んでいくだろう

※原文→『Die Impfung, ein geplanter Homozid? | Von Rüdiger Lenz (Podcast)』

 

接種した人たちは死ぬ

この記事を読んでいくにつれ、これが誇張ではないことがわかるだろう。

ヴァーノン・コールマン博士

 

私がこれまでに予測したこと、解釈したことは、正しかったことはご存知だと思います。

今、私にはあなたたちの助けがこれまでになく必要です。

私たちが団結しなければ、世界は滅亡していくでしょう。

あなたたちの助けがいるのです。

この記事を何百万もの人々に届けなければなりません。

 

大きなプラットフォームもメディアも私をバンしてしまったので、あなたたちの助けなしには、何百万もの人々に伝えることはできません。

《この記事は、これまでの中で最も重要なものだと思います。どうぞこれを拡散してください。》

 

ビルとメリンダ・ゲイツが座って笑いながら、次のパンデミックがどうなるかを話していた動画を覚えていますか?

それこそが現実になることだと私は思います。

いえ、私はそうだと知っています。今や私たちはみんな知っているのです。

アジェンダ21やグレートリセットを推進してきたあの悪党のエリートたちが企んでいたことは、世界中の人々の90から95%を殺すことだということを。

 

残念ながら、接種してしまった人々の多くを救うことは、もうできないかもしれません。

何百万という人々が滅亡へと向かってしまいました。

この人たちは、次にコロウイルスに接触したときに、多くが死ぬかもしれません。

 

《エリートたちの計画には誤算があった》

結果をいうと、私たちの中で接種していない人たちも大きな危険に出会っているようなのです。

私たちは、健康的な食生活をし、ヴィタミンDを撮るなどして、免疫システムを最高の状態にしておかなければなりません。

いずれ私たちは、接種した人を遠ざけなければならなくなるでしょう。

この人たちが現実的に種の危機になってしまっていると思います。

 

私はもう長いこと枠チンの危険を警告してきました。

これは枠チンと呼ぶべきものでないことはわかっています。(枠チンの定義は変更され、これも公式に枠チンに入ることにはなりましたけれど)

ですが、遺伝子療法という言葉を使えば、この情報を届けたい人たちには、枠チンのことを言っているのがわからないので、あえて枠チンという言葉を使っています。

コロウイルスの危険が誇張されているのは、何よりも枠チン強制を導入するためなのだということを、私はちょうど一年前に警告していました。

 

この偽のパンデミックは、一つには枠チンを使う口実として演出されたのです。

それによって、枠チンをウイルスの脅威への解決策として出すことができるようにです。

 

何ヶ月も前から、私はこの実験的なワクチンは危険であり、多くの死に至る副作用があることを警告してきました。

著名な医師たち、多くの医師たちは、そんなに恐れることはないと言っていますが、それは間違っています。

枠チンによってウイルスよりも多くの人が死ぬだろうと私は言ってきました。

 

《枠チンは、接種していない何億もの人々を死なせることになる可能性がある》

コロ詐欺は、身体の弱い高齢者をなるべく多く死なせて、枠チン強制を導入するためなのだろうと私は思っていました。

このことは、2020年3月の最初の動画でも言いました。

 

もちろん、他にも経済を破壊して、アジェンダ21とグレートリセットに合うように新しく作るということも計画に入っています。

この動画が出た数日後、私はインターネット上で攻撃を受けました。

私のヴィキペディアの記述はまるきり変えられてしまいました。(管理人註:本当に博士のWikipediaはボロクソな書かれ方です)

私の著作やテレビ番組やコラムについての記事は削除されました。

私は陰謀論者だと書かれました。

私を悪党のように見せるために、ヴィキペディアの記事がどのように変えられたのかを説明する動画を私は作成しました。

コロに疑問を公式に表明した多くの人々も、同じ苦境を経験しました。

そして、BBCやその他の国営放送も、コロに疑問を呈する人々を攻撃するために、いい加減な事実をばらまきました。

 

《今私が恐れていることは、この詐欺を計画した殺人狂たち、黙示録の騎士たちは、私たちをハルマゲドンへと連れて行こうとしているのではないかということです》

この詐欺をこしらえた人たちは、何百万人もの人々が死ぬように考えたのだろうと私はずっと思っていました。

ですが今私は、この詐欺を考え出した悪党たちは、彼らがせっせと売り込んだ実験的な枠チンの危険を甘く見過ぎていたのではないかと思っています。

コロ枠チンを受けた何百万の人々は、その結果亡くなる危険があります。

 

何故どのようにしてなのかをこれから説明します。

 

この詐欺は、インペリアルカレッジのファーガソンが妄想めいた予測を出すことで始まりました。

ファーガソンは数学的モデルで驚異的な成功率を出しています。

この詐欺を計画した人々は、ファーガソンの予測がバカげたものであることを百も承知でした。

彼らはファーガソンのモデルが訴えられる代物であることを意識していたのに違いありません。

それなのに、彼の予測を根拠にして、ロックダウンやソーシャルディスタンスやマスク着用や学校や病院の閉鎖が行われたのです。

あれは狂気の沙汰でした。

 

論理的に考えれば、感染した人を隔離すればいいことになります。

これまでも、インフルエンザにかかった人には、家から出ないようにと言っていたようにです。

そうすることで、危険性がある人々、特に心臓や肺に病気がある高齢者危険性がある人々を感染から守るためです。

 

ですが、政治家やアドヴァイザーたちは、何もかも逆をやりました。

そして、それに疑問をはさむ人々は、悪者にされて、口をふさがれたのです。

事実は、健康な人の免疫システムは、他の人々と交流することで強化するのです。子供や若い人たちは、とても強い免疫システムを持っています。

新しいウイルスで危険にさらされる可能性があるのは、高齢者くらいなのです。

 

《それなのに、世界中の政治家たち、そのアドヴァイザーたちは、私たちを集団接種プログラムへと故意におびき寄せていきました》

公的機関は最初から、集団接種によってのみ、失われた自由を取り戻すことができるだろうと言っていました。

これがすでに危険きわまりないノンセンスです。

 

こんなに早く認可された実験的な枠チンが、望むような効果をもたらしたことなど一度もありません。

これは感染を防ぐために開発されたのではないのです。

枠チンは感染することを防ぎもしなければ、他人に感染させることを防ぎもしません。

枠チンはただ、接種を受けた人々が症状が重症化するのをいくらか防ぐというだけなのです。

多くの人々が信じているようなことではないのです。

 

《接種を受けた人々の多くは、感染から守られていると思っています。これがさらなる詐欺なのです》

人々があると思い込んでいる効果が現実にはないという事実は重要ですが、それ以外にも3つの大きな問題があります。

一番目の問題は、この実験的な枠チンはすでに危険なものだということが証明されているということです。

現に多くの人々が死に、多くの重篤な副作用を引き起こしました。この問題の大きさは裁量に任せます。

 

政府機関も、枠チンによる死亡例や副作用の例は、1%ほどしか届け出られていないだろうということを認めています。

一体どれだけの人がアレルギーや心臓病や卒中や神経系の問題を起こして亡くなっているのか、どれだけの人が視力をうしなったり麻痺状態になっているのかは計り知れません。

私のホームページには、枠チンで障害を得たり病気になった人々のリストがありますが、それは読むのも恐ろしいほどです。

死亡例の数も驚くべきものです。

 

ですが政府機関は、相変わらず偶然にすぎないと言い続けているのです。

テストで陽性判定が出たあとで28日とか60日以内に死亡した場合、たとえテスト結果が間違っていたとしても、感染者数を増やすために自動的にコロ死者としてカウントされています。

それなのに、若くて健康な人が接種後数時間で死んだ場合、単なる偶然だというのです。何という悲劇的な偶然でしょう!

 

二番目の問題は、抗体依存性感染増強あるいはサイトカインストームと呼ばれる免疫システムの問題です。

何が起こるかというと、接種した人の免疫システムはウイルスと接触した場合に激しく反応するようにされているということなのです。

この結果恐ろしい事態が起こる可能性があります。

 

まさにそれが次の秋と冬に起こるのではないかと私は恐れています。

接種を受けた人は、次にウイルスに接触したときに、大きな問題に直面します。

免疫システムが過剰反応を起こし、このとき多くの人が死ぬ可能性があるのです。

接種を受けた人々は、この危険性について正式に知らされてはいませんでした。

 

このことについては2020年10月の国際臨床ジャーナルで公表されていたのにです。

「臨床試験の前にテスト参加者にインフォームドコンセンスを取るべき枠チンによる病気の悪化の危険性」

というタイトルで発表された記事です。

 

《しかし、接種を受ける人はこのことについてインフォームドコンセンスがなく、多くの医師もこの危険性について知っていません。》

高齢者や免疫システムが弱っている人々は、特に危険性が高くなります。

 

このような人々が免疫システムを弱めるものとは何でしょうか?

マスクの着用、他者との隔絶、太陽を浴びないことの三つが大きな原因です。

家に閉じ込められてアルコールやタバコを大量に消費するのもいいことではありません。

 

接種した人々がウイルスに接触しやすい秋になって、さらなる死者が出ることになるでしょう。

コロウイルスは、秋と冬に広まりやすいのです。

感染症と死者数とが上がってきたときに、政府はそれに対して次の枠チンを推めることで対応するでしょう。

変異種のせいだという話が出て、新たな枠チンが急いで作られ、医学や枠チンについて何も知らない著名人たちがしきりと宣伝することになるでしょう。

危険性を知っていて、疑いをさしはさむ医師たちは、これまでのように口をふさがれることになるでしょう。

驚くべきことですが、この詐欺の裏にいる人々は、このことを知っていたのだと思います。

これは彼らの悪辣なる計画の一部だったのです。

 

《彼らは、次の秋と冬とに死者数が上昇することを知っていたのです》

彼らはこの事態を新しいウイルスのせいにすることをまだ考えています。

秋に現れる何千もの変異種の一つが原因だということにしようとしているのです。

彼らはしまいには、2ヶ月ごとに接種するように推めるのじゃないかと、私は前から思っていました。

あるいはもっと頻繁に一ヶ月ごとにかもしれません。

 

インフルエンザのようなウイルス感染症に対するこの騒ぎを批判して、私はこれが偽旗だと言っていました。騒ぎ方が大きすぎるのです。

ビルとメリンダ・ゲイツが

「このパンデミックは深刻に受け取らないかもしれないけれど、次のパンデミックはずっと深刻に扱うことになるでしょう」

と笑いながら言っていたのは、このことだったのかもしれません。

 

この二人やこの詐欺に関わった他の人々は、自分たちは本当には接種しないので、自分たちは安全だと思っていたのだと思います。

あのエリートたちや著名人たちは、実験的な枠チンではなく、プラセボを接種したのじゃないかと思います。

彼らは、自分が枠チンで死んだり、重病になったり、次にウイルスに接触したときに感染しやすくなる危険を冒したりはしないでしょう。

エリートたちは、自分たちは安全だと思ったのだと思います。

 

彼らは何百万人もの人を殺して、自分たちは危害を受けないような計画をこしらえたのだと思います。

《彼らは大きな決定的な間違いを犯したと思います》

ここで三番目の問題が出てきます。

これは彼らが予測していなかった問題です。

 

この問題については、主導的な枠チン専門家であるゲールト・ヴァンデン・ボッシェ博士がこの頃語りました。

最初は彼がいうことを私はあまり信用していませんでした。

ボッシェ博士はこれまでGAVIやゲイツ財団と協同で仕事をしてきたからです。

博士は世界で一番枠チンを批判することが考えられない人物だと言えます。

ボッシェ博士は、ウイルス感染と戦うのに、今使われている枠チンを武器にするのはまちがっていると言っています。

何百万人もの接種することで、ウイルスを変異させ、ますます強毒性の致死率の高いものに変えてしまうからです。

新しい変異種に対して新しい枠チンを作ろうとするのは、事態をますます悪化させます。というのも、学者たちでも変異するウイルスを予測することはできないからです。

《接種した人は、変異したウイルスをまわりの人々に撒き散らします。変異種はますます強毒性のものに変わっていきます》

新たな変異種を撒き散らさないようにするには、感染対策をいつ止めるかのタイミングが非常に大事なのです。

これについては、もう一つの問題があります。

普通、私たちの身体には白血球があって、感染を防ぐのを助けています。

NK細胞、ナチュラル・キラーと呼ばれる細胞があって、身体に入り込んだ悪い細胞を除去しています。

ナチュラル・キラー細胞が仕事を終えると、抗体が生じて、カオスな状況が片付けられます。

 

ですがボッシェ博士は、コロ枠チンは非常に特殊な抗体を作り出してしまい、それが接種を受けた人の自然な免疫システムを妨害するというのです。

枠チンによってこの特殊な抗体が生まれ、それが免疫システムを支配してしまうために、接種を受けた人の自然な免疫システムが抑圧されてしまうのです。

 

《枠チンによって作られるこの特殊な抗体は、接種した人の身体の中にずっと存在し続けます》

恐ろしい結末は、何千万人、何億人もの接種した人々の自然な免疫システムが、現実に破壊されてしまうということなのです。

彼らの免疫システムは、自分の身体の中で作られているウイルス変異種を排除することはできないでしょう。

そして、この変異種はまわりに拡散してしまう可能性があります。

新しい変異種が、多くの人が接種した地域に現れるのは、このためではないかと私は思っています。

 

重要なのは、枠チン接種によって、ウイルスが無限に危険なものになってしまう可能性があるということなのです。

接種した人は、身体が危険なウイルスの製造工場のようになってしまい、まわりの人々を死に至らしめる危険があるということになります。

さらに悪いことに、接種した人自身は無症状で、ウイルスをばらまくことになるかもしれません 。

接種した人は、この変異種に対応することはできないでしょう。

それというのも、この人たちの免疫システムは、もともとのコロウイルスだけを破壊するように枠チンによって人工的に設定されてしまっているからです。

 

《接種した人は、新しい変異種が広がったときに、大きな危険性にさらされます》

接種した人々の身体は、ある一つのウイルスにだけ対応するべく永続的に設定されてしまうのですが、ウイルスは次々と新しいものに入れ替わっていくのです。

新しい枠チンを接種しても、助けにならないでしょう。

何故なら、変異種には枠チンは効かないからです。

枠チン開発する学者たちは、ウイルスがどのように変異するかを予測することはできません。

このことは予測できたはずです。だから、インフルエンザ枠チンは効かないことが多いのですから。

 

政治家やアドヴァイザーたちは嘘をつき、接種しない人たちのせいで変異種ができ、死者数が増えたと言い出すでしょう。

ですが、ボッシェ博士の論が正しいならば、接種した人たちが人類にとって脅威となるのです。

接種した人々が接種した人々にとって大きな危険となります。

ですが、接種していない人たちにとっても大きな危険となります。

それというのも、接種した人たちの身体から排出されるウイルスは、もとのウイルスよりも危険なものになっているからです。

 

《私たちは危険な境地にいます》

この枠チンをすぐさま止めなければ、人類の未来は危うくなるといっても過言ではないでしょう。

これが、グレートリセットを売りつけようとしたあの人たちが考えたことなのでしょうか?

わかりません。

あるいは、あの人たちは初めから私たち全員を殺すつもりだったのかもしれません。

あるいは、彼らの計画が制御不能なことになってしまったのかもしれません。

英国では、ファーガソン、ハンコック、ウィッティ、ヴァランスといった人たちは、私にとっては国の対応を主導するべきではない人たちです。米国ではファウチ博士がそのような人物だと思います。

私はいつも、あの信頼できない人たちが選ばれるのを恐れていました。

彼らがしたことのすべては私たちにとって悪いことで、彼ら自身やアジェンダ21やグレートリセットを進めている悪のカバルにとってはいいことでした。

自由な議論を頑なに抑圧することで、私たちは真っ直ぐに崖っぷちに導かれていきました。

彼らの誰一人として、私たちの命に関わることをこのようにコントロールすることを許されてはならなかったのです。

ですが、疑問を呈する人々すべてに対して、かつてなかったような抑圧が加えられ、事実が抑圧され、メインストリームメディアやインターネットの巨人たちが事態を果てしなく悪化させました。

あの人たちがあのままでいられるとあなたは思いますか?

《あの悪党のエリートたちは人間の90ー95%を殺すつもりだったのかもしれないけれど、そうではなく人類のすべてを滅ぼしてしまう危険が現実的にあります。》

 

この事態を回避するには、私たちにはもうわずかな時間しか残されていません。

免疫システムを強め、皮肉なことですが、接種した人たちを遠ざけなければなりません。

 

この記事が、これまで私が書いたものの中で最も重要なもの、あなたが今までに読んだものの中で最も重要なものだという意味がわかってもらえたでしょうか?

私はメインストリームメディアに出ることはできません。

メディアはあっさりと真実を抑圧し、一切の議論を拒絶しています。

例えばYouTubeは、あの悪党たちが進めているものに疑問を呈する動画は受け入れません。

 

この記事を医師やジャーナリスト、友達や親戚の人に送ってください。

あるいは私たちは、来るべき恐ろしい事態には彼らもまた免れないのだということを納得させることができるかもしれません。

《ボッシェ博士の予測が間違っていたらいいと思います。私の論も間違っていたらいいと思います。》

ですが、ここに書いたことは、すべてよく調べなければなりません。

でももしこの不安が公にされ調べられなかったら、これはできるかぎり多くの人間を殺すための計画なのだと考えないわけにはいきません。

おわりに

いらないものは、いらない。

百歩譲って害があるないを一回置いておいたとしても、いらない。

 

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。




共有してくださると喜びます
本コンテンツは個人輸入を能動的に誘引する目的で書かれたものではなく、あくまで個人の感想や体験を述べているものです。購入はお客様の判断で、自己責任でお願いします。
日本在住のお客様への大切なご注意: 当サイトで取り上げる製品は日本において再販売登録がされていないものがあります。もしご購入される場合は個人輸入のためのみにお買い求めいただけます。このウェブサイト及びリンク先サイトに掲載されている製品によっては、日本では医薬品成分であるものが含まれている場合がございます。自己の責任のもと、個人使用を目的にお求め下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.