【臨死体験】天国を捨てて戻って来た経緯と天国の恩恵

若い頃にいろいろあって死にかけた折に見てきた世界の概要と、あそこで引き返した理由についてお話しします。※まだ思い出している最中なのでたぶん適宜加筆修正します。

この記事で初めて「実は天国見てきたことあります」みたいな話をしたのですが、肝心の天国での詳細な話が抜けていたことに気づきました。

今回はそのへんをお話ししたいと思います。

 

※読んで下さるあなたの直感を邪魔してはいけないので以下イメージ画像を一切貼りません。読みにくかったらすみません。

天国は愛で光ですべてでした

天国には区別がなく、私は愛で光ですべてでした。「私は」というのも便宜上の表現です。

区別がないので、

 

すべてがすべてだったのでもうすべてがなんかすっごいすべてだったんです~🤗

 

みたいなことになって何も伝わらないので、以下便宜上区別をつけて説明します。

 

とりあえず、愛で光ですべてであるというのはとてつもない快感というか、幸せというか、自由な感じでした。

地上にあるもので「こんな感じです」って例えることができない。質もレベルも違いすぎます。もし地上であの感覚を持てる人がいたら、その人にはありありと天国が見えるし、光って見えるんだろうなーなんて。あと物理法則をいとも簡単に無視すると思いますその人。

 

あと、そこが天国だという証言はありませんでした。看板もなかったですし。私が勝手に確信しているだけで。

でもあれが天国じゃなかったら何が天国やねんって思います。

もしあれがめちゃ天国っぽい装飾施した地獄だとしたら、私もっかい地獄行きでいいです。

天国は素晴らしすぎて戻る気は全然なかった

気がついたら光の中にいました。私もその光でした。すごい祝福してくれる、ああこれが愛なんだな、みたいな光。

 

みんな知っている光。魂に刻まれているというか。だからすごい実家感。初めて来た感じが全然しません。

……いやむしろ今まで何処にいたんだろう?ん?「今まで」とか「何処」ってなんだろう?

もしかしてずっとここにいた?

天国の光の源

その光には光源があって、ちょっと虹色っぽくもあるけどもう光りすぎてて白!みたいな、太陽ですら暗く感じるくらいの光からすべては出ていました。音が聞こえるくらいの凄まじい光です。

そしてそれは何も照らしていないのです。影もないので照らされるものがない世界でした。

 

そこが地上世界ではないことはわかりましたが、あれ……地上世界ってなんだっけ。ここじゃない世界ってなんだっけ。

その光の圧倒的な現実感と臨場感は、夢と現実の概念を逆転させました。

 

まさか自分が死んだ(死にかけている)、とは思いませんでした。

だって今まで体験したことないくらいいきいきとしているので。これじゃあ地上と天国、どっちが死後の世界なのかわからないよ……って感じです。

「あの光源に近づきたい。ひとつになりたい」

私は、どんどん高まっていく幸福感(すべて)にまかせてスキップする感じ、それはもうルンルンで光源に近づいていきました。

すると、もうここから先は戻れない(誤解)、みたいな、段差のようにも感じる境界を感じました。そこで、

 

大丈夫?本当にもうこれでいい?

 

ってすっごいやさしく聞かれました。

男性でも女性でもない、いやそのどっちともでもあるような、なんかもっと素晴らしいものの声で。

 

永遠に夜のこない絶対に安全な広い庭で存分に遊んだ子どもが「もう帰る」って笑顔で戻ってきて、それを迎え入れるお母さんが「もう十分遊んだ?お家入る?」って優しく聞くみたいな。

 

でも、いざそう言われると、地上でのことを振り返ってしまう。地上でのこと……?え、このさっきまで見ていた夢みたいな、遠く感じる記憶のこと?

 

父、母、兄弟、最近付き合い始めたばかりの恋人。

みんなみんな大好きでした。

 

いや、たぶん訊かれていたのはそういうことじゃなかったのだけど、私は

 

こっから先には地上であなたが大切にしていたものは何も無いよ?永遠にお別れすることになるけど大丈夫?

 

という最後のジャッジメント的なやつだと誤解しました。

 

……とりあえず、いろいろ精査した結果、戻る理由はどこにもありませんでした。

 

だって、全部その光源につながっている……というか、その光源とイコールなのをビンビン感じていたから。

この時点で、私が質問の意図を誤解して

「あれもこれも全部失うことはなく、なんならこれまでよりも一つになれるけど、それらと永遠にお別れする準備はOK?」

みたいな支離滅裂な質問をされていることになっていると気づけばよかったのだけど、もうとにかく早くその光源に溶けたくて、すっかりアホになっていました。はい、一瞬で「大丈夫っす」って答えを出しました。

 

私はその境界線をすごい簡単に超えました。(きっとみんなそんなノリで逝くんだと思います。だから誰も苦しんでない)

超えてみるとそこまでとは比べ物にならないくらい光がすごく強くなったように感じました。私が天国を受け入れたんでしょうね。(私がよく冗談半分で「天国に片足突っ込んだ」というのはこれが理由です)

急に生じた迷い「天国にもないもの」

……と、次の瞬間。

 

あ、ちょっと待って

 

そういえば、気になっている本があったのでした。

ずっと読みたくて、行きつけの大きな本屋さんで存在確認だけしてまだ立ち読みも出来ていなかった哲学の本でした。なんか、それはそっちに無い気がしました。(まあ一切の罪がないから赦しという概念すら存在しない世界です。哲学もないでしょうね)

でも、どうしよう。今すごいチャンスの前にいる気がするし……。

でも読みたい。気になる。

 

当時、神様とか信じてなかったけど「いやもうこれ絶対神様やろ」って思っていた光源に向かって、1時間だけ時間ください、みたいなノリで

 

絶対ぜったい戻ってくるんで、ちょっとだけ行って来ていいですか?(人∀・)💦

 

ってやりました。

 

光源から返事はなくて、なんだか穏やかに笑っているように感じました。背中を押すわけでも、引き留めるわけでもなく。私はただすごい安心感とともに送り出されたような感じです。

光から離れる(実際は離れていないけど)につれて、空間から区別され得る「私」がどんどん濃くなっていきました。

再び混沌とした地上世界へ

……で、時間が歪んでいたのかな?てっきりもう逝くもんだと思っていたところにいきなり「ちょっと戻るわ!」って帰って来たから、慌てて作り直して作りが粗かったのかわかりませんが、戻った地上世界の5分くらい前の過去から体験しました。

なんかすごい物々しい空気、心電図のピーピーうるさいエラー音、一生懸命心肺蘇生をされていて、電気ショック何回もされて、めがねのお医者さんが看護師さんに「うんうん」ってして、腕時計見たところで私復活、はいリスタート!テイク2!みたいな。

 

あ、もしかして今の天国だったの?

 

って気づいたのはここです。

戻って来たことを強く強く後悔する

事態を理解して、強く強く後悔しました。

 

天国お断りしちゃった。

大変なことしちゃった。

 

悔しすぎて泣きました。

 

実はこの時、まだ天国の余韻というか、しっぽのようなものが世界に残っていました。

朦朧とした意識の中でそれを捕まえて、こじ開けて、もう一度天国に戻ろうとしましたが、引っ張られて叶いませんでした。

 

下記で詳しくお話ししますが、

  • 呼吸がめんどくさい→天国では肉体じゃないから呼吸いらない!
  • 空気が重くてやばい(物理)→天国にはふわっと舞い上がるようなやさしい上昇気流のような光しかない!
  • 空気の感触がして落ち着かない→天国には触れるだけで満たされる光しかない!
  • 肉体運ぶのしんどい→天国には時間と空間の概念がないので思った瞬間同時並列的にそこに在れる!

 

とんでもねえ世界に戻って来ちまった……

夢なら覚めてお願い……

 

個室ではなかったので、声を殺して泣きながらそんなことを祈っていました。

地上世界に戻ってきて困ったこと

戻ってきてまず辟易したのは、物理的な意味での空気の重みでした。呼吸がしんどいレベル。

ベッドに横になっているので、全身に乗っかっている空気を肺活量でがんばって持ち上げないといけません。

あまりにしんどいので、呼吸の回数を減らしてみようとがんばってみましたが無理でした。

 

空気の圧もさることながら、表面の質感を肌が感知してすごい落ち着かなかったです。

ないですよね、普通に暮らしていて空気の存在を肌で感じることなんて。風も吹いていないのに、そこに空気があるのわかるんです。

戻ってくるときの再創造の手違いで、全身産毛だらけに仕様変更されたのかと思って何度も点滴で露出している腕を見ました。ほんとそんなレベル。

 

私だけ水中ですか?

 

みたいな。

 

あと、圧倒的な不自由感。

こっちからあっちに行くのにどうしてこんな思いしなきゃいけないの、っていう感覚です。

天国の感覚だと思った瞬間にそこに在れるのに(だってすべてだから)、地上だとこの重い肉体を運ばなければいけません。実感としては、意識だけ瞬時にそこへ行こうとするのだけど、まだ何処へも行っていない肉体の感覚に引き戻される、みたいな感じです。それが不便で窮屈でなりませんでした。

いざ、天国を捨ててまで読みたかった本のもとへ

とりあえず退院したその足で本屋さんに行きました。だってそれ読みたくてあんな素晴らしい世界の滞在権を捨てたのですから。

 

お前のせいで戻ってきちゃったじゃんか~💢

 

みたいな、ちょっと恨めしい気持ちもありました。

だから絶対に読んでやる!って。

 

 

そんな本どこにもありませんでした。

 

 

在庫切れとか、改装で場所が変わった、とかじゃないんです。

存在ごと、もともとそんなもの無かったのです。

 

本棚の前で頭を抱えて、呆然とする私。

みるみる記憶からリアリティが薄れていってどんどん思い出せなくなっていきます。……あれ、いつからそんな本があると思っていたんだろう?

ちょうど「君の名は」で瀧くんの記憶が薄れていくあのシーンみたいな感じです。

 

その本を読みたかったこと、そしてそれをここで存在確認して「今度読もうっと」って思ったことはおろか、その本の存在自体が全部夢だった、みたいな。

 

まあ、その十数年後、いろいろあって導かれるようにまたその同じ本棚の前に立つことになるのですが……それはまた別の話。機会があればお話しさせていただきたいです^_^

おわりに「天国を見てきた私に起こった変化」

以上が、天国の概要と地上世界へ戻ってきちゃった経緯です。

 

天国見てきた人って、その体験をもとに悩める人を教え導いたり、本を出したり、セミナーやったりと、なんかそこから人生激しく変わっていらっしゃる感があるのに、私の場合、

  • 道ですれ違う犬に吠えられなくなった
  • 「おいでおいで~🤗」ってした猫ちゃんに逃げられなくなった

とかそのくらいの変化しかありません今のところ。(まあうれしいからいいのだけれど……)

 

あと、自動ドアが反応しづらくなりました。よくぶつかりますし挟まれます。これは地味に困ってます😓

赤外線全般の反応がすごく悪いみたいで人感センサーが私だけ反応しなかったりします。

……え、大丈夫?私ちゃんと生きてる?

 

あとは、あの光の体験が刺激的すぎて世俗のことにがっつりと興味を失ったことくらいかな。それはそれで身軽になってよかったです。

 

 

当時、人の目とか評価ばっかり気にして生きていて自分不在な人でしたから、あの質問の意味がわからなかった。

今は当時よりはかなり自分がわかっているつもりです。

 

でももし明日の朝目が覚めて同じ場所に立っていても、きっと私は

 

迎えに来てくれてうれしいけど、私が自力であなたを見つけてみせるから待ってて!

 

ってまた天国お断りして戻ってくると思いますね。

あの本にも「ひとりでも『奴隷』が地上を歩いているうちは、あなたの解放は完結していない」って書いてありますし、私の大好きな観音様も「衆生全員救いきるまで私成仏なんかしないもんね」って言っていますから、たぶんそういうことなんでしょうね。

 

 

 

以上です。

どなたかと天国の話をするときの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。




いつもありがとうございます好きです

こちらのブランドのサプリを主に愛飲しています

本コンテンツは個人輸入を能動的に誘引する目的で書かれたものではなく、あくまで個人の感想や体験を述べているものです。購入はお客様の判断で、自己責任でお願いします。
日本在住のお客様への大切なご注意: 当サイトで取り上げる製品は日本において再販売登録がされていないものがあります。もしご購入される場合は個人輸入のためのみにお買い求めいただけます。このウェブサイト及びリンク先サイトに掲載されている製品によっては、日本では医薬品成分であるものが含まれている場合がございます。自己の責任のもと、個人使用を目的にお求め下さい。

広告



5 1 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments