市販の小麦製品から除草剤グリホサートが検出された件

めんどくさいけど考えなきゃいけない残留農薬問題。最近、そこらに売っているパンなどの小麦製品7割から除草剤「グリホサート」が検出されたというショッキングなニュースがありましたので、まだ知らない方のために簡単に整理します。

 

※警告:なかなかショッキングな内容で、食生活の面であなたの日常に影響が出るおそれがあります。世の中には知らないほうが幸せなこともあります。引き返すなら今です。

 

発がん性物質グリホサートが市販の小麦製品の7割から検出

私たちはパンも安心して食べられないのか

 

  • 市販の食パンなど小麦製品の7割から除草剤「ラウンドアップ」の成分「グリホサート」が検出された。
  • 国産小麦を使ったものからは検出されておらず、米国産カナダ産から検出された。
  • 農民連食品分析センターという民間団体の調査で発覚。
  • 麦を枯らすことで収穫を容易にする目的で収穫前にラウンドアップが散布されている。
  • グリホサートは2015年に世界保健機関の専門機関・国際がん研究機関(IARC)が発がん性物質に分類したが、なぜか日本では2018年にグリホサートの残留基準値を大幅に緩和している。
  • アメリカではラウンドアップでがんに罹患したと訴えた人が勝訴している。
  • グリホサートは母体に蓄積し母乳を通じて子どもの体に入ることがわかっている。

これも2018年に規制緩和。洗っても落ちないネオニコチノイド系農薬(発達障害の危険)

ミツバチなど花粉媒介昆虫の死滅は未来の食糧危機を招きます

 

  • ネオニコ農薬は浸透性があるため洗っても落ちない。
  • 種子をネオニコ農薬でコーティングすることで生長過程で植物全体に毒性が回る。よって食べた昆虫が死ぬ。
  • ネオニコ農薬を使ったヒマワリによってミツバチが大量死したためフランスでは禁止。
  • 日本でもヘリで散布が行われた際に多くの人がめまいや震え、物忘れなどの中毒症状を訴えた。日本で初めてネオニコ農薬の危険性を訴えたのは、この時にたくさんの当該患者を診察した医師。
  • 東京都神経科学総合研究所の木村―黒田氏はネオニコ農薬が「胎児や小児など発達期の脳の正常な発達に影響を与える」との研究論文を発表。EUがヒトへの影響を認める。

「たかがミツバチ」ではない。彼らは年間4700億円プレーヤー。

  • 世界の農産物の6割以上がハチによって受粉されている。
  • 日本でも花粉を運ぶ昆虫(花粉媒介昆虫)が農業にもたらしている利益はおよそ年間4700億円に相当するとの調査結果が出ている。
  • 世界では花粉媒介昆虫の保護のために規制が進んでいる(アメリカでは「ハチなどの昆虫に有害」の表示義務)が、なぜか日本では2013年に基準値を大幅緩和している(ホウレンソウ3ppm→40ppm、カブの葉0.02ppm→40ppm)
  • 農林水産省は「ネオニコ農薬は重要」「人や水生生物に対する毒性は弱い」「農薬を使う以上は効果がないと意味がない」との見解。

(以上、週刊女性PRIME「発達障害のリスクを指摘される「ネオニコ農薬」、なぜか日本だけが規制緩和の怪」の内容を簡単にまとめました)

何がしたいんですかねぇ……

無意識に残留農薬を摂っている可能性を知った上でどうするか

残留農薬をいちいち気にして生きるのはしんどい

 

私がこの記事を読んでまず思ったのは、

こんなことまで気にしなきゃいけないのかよ

ということです。

 

残留農薬に関する日本の規制が大幅に緩和されたということは、もはや私たちは知らず識らずのうちに少なからず残留農薬を摂取してしまっていると考えるのが自然です。嫌ですけど。

 

引用元記事にあるのですが、アメリカの母親の団体「MAA(マムズ・アクロス・アメリカ)」は「グリホサートを含まない有機食材に切り替えることで子どもたちの健康を取り戻そう」と呼びかけているそうです。

いやいやいや……(^_^;)

簡単に言うよなー

 

有機食材は高いんです。だって生産効率が悪いから。

自分で栽培するのが一番なのでしょうが、土地もなければ、面倒をみる時間もありません。いつかはやってみたいですが、来週くらいからいきなりできるかと言ったらまあ無理です。

 

そこで出てくるのがやはりデトックスの必要性です。

というか、私たちが個人レベルでできる現実的な対策ってそれ以外にないと思います。

デトックスサプリはピンキリで迷子になりがち

ダイエットサプリとデトックスサプリ界隈はほんとうに玉石混交の魔境。丸腰で行くのは危険です

 

高い意識を持った人をターゲットにしている市場というのがあります。

一般的に「ハンター・ザ・ハンティング」(狩る人を狩る)というのですが、要はこのように食の安全に関しての情報を仕入れ、高い意識を持ちつつあるあなたを待ち構えている人たちがいるということです。

私もこれまで車が買えるくらいいろんなジャンルのサプリを飲んできましたが、ほんとあの界隈って魔境だと思います。とくにお茶周辺がやばい。

 

その中で、デトックス系で今現在も定期的に飲んでいるのはシークレットデトックスだけです。

同ブランドでハーバルデトックスという製品もありますが、そちらは腸内のデトックスに特化しているのに対し、シークレットデトックスは全身のデトックスを考えて配合されています。

 

シークレットデトックス

 

古来から解毒に用いられてきた伝統的なハーブを独自配合しているだけですので、変な化学物質などは入っていません。

 

【おわりに】摂ったっていいじゃない。出せば

農薬を売りたい人たちがいて、農薬を使って生産効率を上げたい人たちがいて、どういうわけかは知りませんがそこへの規制が追いついていないのなら、自衛するしかありません。私は、

摂っちゃったら摂っちゃったで仕方ない。自分の体が本来持つ排出(解毒)機能を信じて、それを高めるツールで応援しながら可能な限り出しちゃえばいい

という考えです。

 

だっていちいち考えるのめんどくさいですから(^_^;)(「健康のために生きる」みたいになってもうわけがわかりません)

 

 

以上です。

最後までお読み下さりありがとうございました。




Pass it on!
本コンテンツは個人輸入を能動的に誘引する目的で書かれたものではなく、あくまで個人の感想や体験を述べているものです。購入はお客様の判断で、自己責任でお願いします。
日本在住のお客様への大切なご注意: 当サイトで取り上げる製品は日本において再販売登録がされていないものがあります。もしご購入される場合は個人輸入のためのみにお買い求めいただけます。このウェブサイト及びリンク先サイトに掲載されている製品によっては、日本では医薬品成分であるものが含まれている場合がございます。自己の責任のもと、個人使用を目的にお求め下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*