【六員環構造】若返り効果がある雪解け水と自分で作れる氷結水

どうやら雪解け水には若返りの効果があるようです。たしかに雪国に白く美しい肌の人が多いですよね!雪解け水と同じ活性のある水の作り方と併せてご紹介させて頂きます。

水にものすごく興味があるので水に関しての本を読みます。

理由は、

  • 体の60%は水だから
  • 日本の水道水がなんか変だから

です。

 

今回は『体を作る水、壊す水』(藤田紘一郎著)の160ページ【26 雪解け水は若返りの水。「氷結水」は冷蔵庫で自分で作れる】を参考にお話しします。

雪国に白く美しい肌の女性が多い理由

秋田に限らず北海道など雪国の女性は肌が白く美しいイメージがあります。

「その秘密は雪解け水にあるのではないか?」

たしかに雪国といっても食文化は様々ですから、食が原因とは考えにくいです。雪国に共通しているものといえば、雪と雪解け水です。

実は雪解け水には若返り効果がある

氷や雪がとけた水は農作物の収穫率を1.5~2倍に増やしたという実験結果があります。若鶏の成長やニワトリの産卵率、牛の乳量を増やすことも示されています。

 

生の水は、水分子が水素結合した五員環構造(分子の中で5個の原子が環状に結合した構造)をしていますが、雪解け水は六員環構造をしています。この六員環水分子はとても生理活性が強いことで知られており、インターネットで「六員環構造 水」と検索するとたくさん商品や情報が出てきます。

 

ハンガリーのノーベル賞医学者A・S・ジェルジ博士は雪解け水の若返り作用について「新鮮な雪解け水を飲むと、これに含まれている20オングストロームという大きさの氷状構造の水が食堂壁を通過して、人のさまざまな器官に入り込む。それによって体の中の生体分子が活性化され、体全体に若返らせる力が与えられるのだろう」と述べています。

 

劣化した水は分子が五員体をしています。煮沸したり、消毒することで構造が壊れてしまい、水の活性はほとんど失われてしまいます。

さらに、雪解け水の活性は5日間で消えてしまうことがわかっていますので、市販されているペットボトルの雪解け水は既にふつうの五員環構造に戻っていると考えていいです。

藤田紘一郎先生が考案された氷結水の作り方

  1. 平らな容器に水道水を入れる
  2. 冷凍庫で半分凍らせる
  3. 氷の真ん中を割り、凍っていない水を捨てる
  4. 薄く透明に凍った部分をコップに入れて溶かす

この③で廃棄する水には塩素やトリハロメタンなど不純物が含まれています。水は冷却すると純度の高い部分から凍っていくので、不純物を含む部分は白くなって中央に残るからです。

前述のとおり、時間が経つと六員環構造はどんどん五員環に戻っていくので、冷たさを保っているうちに飲み切ることが大切です。これを毎日コップ1杯飲むことで若返り効果を期待できるとのことです。

 

勘のいい方はお気づきかもしれませんが、つまりミネラルウォーターやシリカの入った水でやれば最強です。もちろんその場合は③のプロセスは省きます。

ただ、体を冷やして体温を下げたままにしておくのはよくないので、飲んだ後はちゃんと体温を上げるようにしたほうがいいです。

おわりに

「飲み水と卵にはそれなりにお金をかけたほうがいい」というのが私の持論です。

とくに水は体の60%を占めていますので、気にかけている人とそうでない人で差が出ないはずがありません。優先度高めに気にかけたほうが良いです。

アンチエイジングとかエイジングケアもまずは水から始めるのが手っ取り早いと思います。逆に悪い水を飲んでいれば、せっかくのサプリなども台無しです。

 

私は自宅の水栓には浄水器をつけていますし、飲用水はペットボトルで買っています。

私はこの温泉水99フィジーウォーターを飲んでいます。

温泉水99は高い還元力があって、本来分離するはずの油と混ざったり、鉄を浸けておいても錆びないとかいろいろ良いことが書いてありますが、単純にめちゃくちゃ美味しかったのでリピートしています。

今まで飲んだ水の中で一番美味しく感じました

 

フィジーウォーターはシリカ(ケイ素)を含んでおり、シリカには若返り効果などがあります。……が、こちらはちょっと割高なので、お店で見かけたときに買うくらいにしています。

 

どちらの水も、大きなスーパーやドラッグストアでふつうに見かけますので、気になる方は試してみて下さい。

 

そもそも、水をそのまま飲めていた日本という国で飲み水に気をつけなきゃいけなくなるとか、なんだかなーって感じではありますが、これも時代の流れなので致し方ないのでしょうか。

 

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。




Pass it on!
本コンテンツは個人輸入を能動的に誘引する目的で書かれたものではなく、あくまで個人の感想や体験を述べているものです。購入はお客様の判断で、自己責任でお願いします。
日本在住のお客様への大切なご注意: 当サイトで取り上げる製品は日本において再販売登録がされていないものがあります。もしご購入される場合は個人輸入のためのみにお買い求めいただけます。このウェブサイト及びリンク先サイトに掲載されている製品によっては、日本では医薬品成分であるものが含まれている場合がございます。自己の責任のもと、個人使用を目的にお求め下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。