2020年度はコ◇ナ騒動の影響で児童虐待が過去最多

悪い人が2年近くも続けたコ◇ナ騒動の影響で社会全体がハイストレスな感じになっているようです。そういえば私も近所のおばさんからいじめられたのはリーマンショックのときでした。

2020年度は児童虐待が20万件超だったそうです

児童虐待 昨年度“20万件超”過去最多 厚労省まとめ

 

まあたしかにピリピリしてますよね、2019年以前では考えられないくらい。

私もスーパーのレジで床の足のマークちょっと超えただけで、4重マスクくらいした目がガンギマリの紳士に顔を舐めるようにして睨まれて威嚇されましたもん。

こんなのコ◇ナがなければ起こり得なかったことです。

 

……で、社会がこういう空気に包まれると、しわ寄せを食うのはやっぱり子どもたちです。

 

コ◇ナ騒動が始まってからよく耳にするようになったもの

 

  • 救急車の音(とくに2021年2月17日以降※ワクチー接種開始後)
  • 大人が子どもをヒステリックに怒鳴りつける声

 

なんだこの世界は。

嫌いだなー!

 

ただでさえコ◇ナでストレス感じているところに、子どもというストレッサーが加わってもう無理。

コ◇ナは自分の力じゃどうすることもできないから子どもに怒り発散。

 

え、え、逆じゃない?

もともと子どもいたところに、コ◇ナ騒動っていう悪い大人の都合100%で構成された要らんのが追加でやってきたのだから、怒りぶつけるなら後者の仕掛け人にじゃないですかね?

そこ、譲っちゃダメだと思います。

 

むしろ、大変なときだからこそ、世界はこんなのじゃないよ、もっと楽しいところだよ、ってどんな状況下でも世界を楽しんでいる姿を子どもたちに見せてあげる。

だって、このままいくと、これ見て育った子どもたちは、住みよい理想郷を作ろうとしてナチュラルに地上に地獄を作り出しちゃうと思います。

大人からいじめられる恐怖

そういえば、私が近所のおばさんたちからいじめられたのも、リーマンショックで社会不安が高まっている時期でした。

奇しくも、私をスケープゴートにしてストレス発散をしていたおばさんたちの旦那さんはどちらも建築業でした。あの一件で建築業はかなりのダメージを受けましたから。

あとから聞いたら、どちらの家庭も夫婦関係の超悪化から家庭内別居状態になっていたとか。いや知らんしって。

 

大人からいじめられるってめちゃくちゃ怖いです。

勝ち目がなさすぎる。

大人が明確な攻撃心を持って目の前に現れたとき、子どもは空間の圧倒的支配者を前に、ただ戦慄しながら、なるべく早く、そして軽い攻撃で、彼(彼女)の気が済むのを祈るしかありません。

 

そして、言えないんです。親には。

めちゃくちゃおおごとになるのがわかっているから。

大人対大人の争いでどれだけ親に負担をかけるか簡単に想像がつくから。

 

これすごい害があって、大人がいる集まりが全部NGになります。私はそれで地区のレクリエーション系全部嫌でした。毎回お腹痛くなりながら出ましたけど……。

私の場合、それまでは普通に接していた友達のお母さんが豹変していじめてきましたから、もう友だちのお母さんも全員恐怖の対象でした。

 

その強い恐怖体験は、子どもの中で放射性廃棄物のように延々禍々しい毒を放ち続けます。

こういう子どもが大人になるとどうなるかというと、高確率でもろ対人恐怖症になります。

 

同級生にいじめられた経験もありますが、同級生ならまだ見返す方法などがイメージできて、反骨精神みたいなので踏ん張れるんです。すっごい嫌な気持ちはするけど。

でも、大人を見返す方法なんてイメージできません。だって大人が何を価値基準にして生きているのかなんて子どもにははわからないから。どうやったら大人にダメージ通して考え改めさせることができるのかなんて、わかるはずもない。

 

今はあのおばさん見返す方法なんていくらでも思いつくけど、今更見返したところでこっちが悲しい気持ちになるだけ。

もういいんです。むしろ今何か困っているなら力になりたいってくらい超許してるので。

下の立場の人をいじめる人がいなくなればいいなって

本気の本気で子どもをいじめるのはやめてほしいです。

いや、もう部下とか後輩とか取引先とか立場が下の人をいじめる人全員いなくなればいいなって。

 

絶対スッキリしないはずだし、当然ながら何の解決にもならないはず。

あのおばさんたちがどれだけこちらが悲鳴を上げても攻撃をやめなかったのは、それが何の解決にもならなかったからでしょ?

 

八つ当たりも立派ないじめです。

賛否はあるだろうけど大きな声出すのも。

 

私、近所のおばさんたちが投げつけていった心の放射性廃棄物をなんとかしたくて、脳機能学とか心理学とか洗脳とかカウンセリング系の本をけっこう読み漁りました。

大きな声を出すのって空間の支配権が奪われていると感じているときに、それを奪い返すためにやる原始的な方法なのですが、対子どもの空間ではコナンくんみたいな賢しい子ども相手でもなければ、何もしなくてもデフォルトでずっと支配権が大人にあるわけです。

そこでさらに発せられる大声はただの子どもの心への一方的な破壊行為です。全部オーバーキル。最悪。誰も得しない。

やばい!怖い!しかなくて言葉の内容は一切入ってきてませんから。

 

いじめている側は側で、のっぴきならない人生苦があって必死に助けを求めて叫んでいるのもわかります。それが逃避の現れだということも。

でもそれで自分自身を攻撃するのは違います。※攻撃心は彼の中に生まれて彼から出ていくので結局自己攻撃です。

あなたも世界もそんなに悪くないからもったいないなって。

 

 

いじめがなくなることを祈って。

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。




いつも本当にありがとうございます
本コンテンツは個人輸入を能動的に誘引する目的で書かれたものではなく、あくまで個人の感想や体験を述べているものです。購入はお客様の判断で、自己責任でお願いします。
日本在住のお客様への大切なご注意: 当サイトで取り上げる製品は日本において再販売登録がされていないものがあります。もしご購入される場合は個人輸入のためのみにお買い求めいただけます。このウェブサイト及びリンク先サイトに掲載されている製品によっては、日本では医薬品成分であるものが含まれている場合がございます。自己の責任のもと、個人使用を目的にお求め下さい。
0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments