世界は夢(幻想)なのに私がサプリを飲む理由

コ◇ナの実在について語るスピリットに感じた疑問!という記事の最後に書いた「じゃあ世界は夢幻想だと言うお前は何故サプリなんか飲んでるんだ?」という疑問にお答えします。

夢を見ていても在り方は夢じゃない

じゃあなぜサプリなんて飲むwどうせこの世界は天国で見ている夢幻想なんだろ?www

 

当然の疑問です。

ほかでもない私もそう考えていた時期があります。

 

だって見ましたし。

私たちは肉体ではないことも。天国ではありのままで赦されて祝福されて愛されて歓喜するという揺るぎない事実も。

 

まあ、当然、

 

じゃあ何やったっていいじゃんwww

 

という発想になるわけです。

やめてやめてやめて

 

毎晩記憶を無くすまでお酒を飲んで、

宵越しの銭は持たないで、

部屋も片付けないで、

当然体のことなんて気にも掛けず、

鏡を見ることもしない……

 

まあ自堕落な暮らしをしておりました。

ざっくり10年くらい……。

 

 

待って。

これ、世界が夢だとか肉体が幻想だからどうとかの問題じゃなくなってる。

 

違う。それ、在り方狂ってる。

夢の中で自分を蹂躙する

それ、「あ、これ夢だ」って気づいている夢の中で素敵な相手に出会って、

 

夢の中なら何してもいいんだろラッキー☆www

 

って相手の反応とか無視して思うままに好きなことをするようなもの。

それ、結局私の中で起こっていることなので、私が私の抵抗とか無視して私を犯しているようなものです。

世界に顕現する自分自身への価値判断

こういうことをしていると、世界は非常にわかりやすい挙動をします。

  • 私を雑に扱う人
  • 私を傷つける人
  • 私を心身ともに蹂躙する人
  • 私から奪う人

で、世界は満ちあふれます。

まじ急急如律令なんですけど

 

通行人にさえイライラしてぶつかって来たり指差して笑ってきたり悪態をつくような人が出てきます。

だって夢の作り主が他でもなく自分をそういう風に扱っているのですから公認です。

 

加湿器にオレンジのアロマオイルを入れたら部屋がオレンジの香りで満ちるように、源に「私を大切にしない」を混ぜれば「私を大切にしない」が充満します。

ていうかそれしか出てきません。

 

え~。。。

夢は夢でいいです。目が覚めたらどうせ天国にいるのわかってますし。でも、どうせなら楽しい夢見たいじゃないですか。

逆に世界を見て自分の現在地を知る!

余談めいてきましたが、ここまできたら言っておかなければいけないことがあります。

 

逆に、こういう人が世界に現れる場合、まだ自分を愛することに迷いがあって、無意識に自分を卑下する考えに信が置かれているということです。

それがなければ顕現し得ない幻想たちなので。

そして、渇きには水、飢えには食べ物、愛の不在の幻には愛です。対処法がすごいシンプルで助かりますほんと。

 

これを昔の偉大な先輩は「神を愛せ、絶対の信を置け」と教えました。

当然、神が何処にいる何者であるかもセットで語られたのですが、なぜかその部分は抜け落ちて、空の上にいる、でかいスコーンみたいな杖を振りかざす髭の長いめっちゃ光ったおじいさんみたいなことにされました。

しかもじいちゃんよう怒ってすぐ雷とかで人殺すんよ

 

さらに、そのおじいさんと交信できるのは……選ばれた人だけとか……いや、もうすみません書きながら笑いを噛み殺しているのですが、そういうツッコミ待ちとしか思えない珍奇なルールが作られて、しかも信じられないことに今現在でも大真面目に信じられて、守られているようです。

神さまね、ぜったいに怒らないよ(ていうかあの感じだと怒りがどういうものか知らないかも)

で、サプリを飲む

話を戻します。最初は、

  • すぐに落ち込む
  • 自分を責める
  • すぐ被害妄想を膨らませる

……というどうしようもないネガティブ気質を改善しないとやばい私死ぬかもって思ったのがきっかけでした。

ほんとしんどくて困っていました

すごいドライに実利を求めて乳酸菌のサプリを飲み始めたのです。

 

そしたら、ラッキーなことに大当たり。

 

それで興味を持ってあれこれ調べるようになって、ダイエットサプリになんかも手を出すようになりました。

 

乳酸菌サプリが良かったからダイエットサプリも飲んでみる

 

このなんでもないような横のスライド、けっこう重要でした。

 

だって、私がスタイルの良くなった私を見たいと思ったということなので。

これまで明るい未来なんて想像もできなかった私が、少しメンタルのコンディションが持ち直して、見た目のことなんて考えるようになったということ。

 

自分のこと思いやるようになったんですね。

自分のことを思いやるようになったら天国のこと思い出し始めた

私はここから少しずつですが、ただの「すごい眩しい気持ち良い光の不思議体験」程度にしか記憶していなかった天国にあふれていたあれこれを、思い出していきました。

 

そう、これ臨死体験後の話なんです。

臨死体験前もコンプレックスでなかなか死にたい投げやりな世界を生きていましたが、臨死体験後も世界の空気とか難易度はぜんぜん変わりませんでした。

いや、むしろ記憶は朧げでもはっきりと魂に刻まれた天国の圧倒的に自由な感覚との対比で、それはそれで「もっかい天国戻りたい😥」という角度から結局死にたい世界を生きていました。

 

他の臨死体験の方々は、それを機に目覚めて書籍出したりセミナーをやったり、たくさんの人々のお悩みを解決したりする道を歩まれているのに、私ときたら……。

★GETTRですhttps://gettr.com/post/pm4ibj57a3

死は何の解決にもならなかった(それどころか死は虚像だった🤫)

つまり「死」と呼ばれる体験は生前の私にとって何の問題解決にもならなかったということです。

※個人差(?)はあるかもしれません。私は超絶未熟者でコンプレックスマンでしたから天国の体験を生かせるようになるまでにはさらに数年を要しました。

※※臨終判定される直前でしたからほぼ死んでいたと見ていいと思います。

 

このめちゃ不自由な世界さっさと抜けてまたあの超絶快適な天国に戻りたいけど、死が存在しないことをばっちり見せられたので、この願いを叶える方法は「死」ではない。(死の根拠になっている罪が一切実在しないので)でも他に知らないから「なんか違うな」と違和感を覚えながらだけどとりあえず「死にたい」と思いながら生きる……え、私これ何したがってるの?www

支離滅裂の世界の中でバランス感覚を取り戻す

たとえば好きな人から花の苗をもらったら、もう目につくところに置いてずっと愛をささやいて、褒めて褒めて褒めちぎって、水も絶やさずに、寒くないように暑くないようにめっちゃ気を遣って大切に大切に愛でると思うのですが、本来自分ってそのくらい愛されるもの。

見たのにね、天国で見たのにね※よくわかっていませんでした

 

自分を愛する自分で“在る”

 

これのレベル1、とっかかりのとっかかりが私の場合は「サプリを毎日飲む」でした。

人によっては「エステに行く」とか「グラム3000円するお茶を惜しげもなく飲む」とか「めっちゃ高い香木炊いちゃう」とか「毎日部屋に花を飾る」になるのかもしれません。

 

毎日、欠かさず自分に愛情を表現したかったので、サプリがすごい便利でした。

いや、たぶん瞑想とか他にももっとたくさん方法はあるのでしょうが、私は飽き性なので形の力を借りないと絶対習慣化しない自信がありました。

また、長年自分をいじめるプロをやっていましたので、そのくらいささやかなことから始めないとメンタルブロックが発動してしまうのでした。

 

エミール・クーエの有名なアファーメーション

 

Day by day, in every way, I’m getting better and better.

(日に日にあらゆる面に於いて私はますます良くなっている)

 

サプリなら、毎日これを「感じる」ことができます。何もないよりは信念を誘導しやすいので。

今までのお詫びの気持ちも込めて……

 

私、自分のこと大ッ嫌いでまじタヒねって思ってるけど、グルタチオン+エンゾジノール、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンD、DHA+EPA、コラーゲン、シリカを毎日飲んでます

 

なんて人いません。

ツンデレかな?

この人は少なからず自分のことを大切に思っています。

 

 

この、私以外誰も解き方を知らないのに、肝心の私が自分に忘却の魔法を掛けてしまって、気づけばえらい複雑で膨大に見えるようにまで育ってしまった呪いのような幻想世界を解除するには、一旦はこのような魔術的手法も有効です。

 

たとえば、美しい自分に戻るのに、

 

「人様からどのように見られるか」

「こんな風に評価されたい見られたい」

 

という視点は、この世界との親和性も高く、取っ掛かりとしては非常に便利ですが、ずっとそれで行くと簡単に道に迷います。

 

支離滅裂な矛盾の嵐のように見える世界の中で、たしかに身に覚えのある揺るぎない在り方、

 

世界の形態がどうあろうと私はこう在りたいしこう在るから永遠に関係ないんだわ(世界乙)www

 

を思い出すまでの仮の船です。

川を渡ってしまったらもう役目は終わりなので、岸に置いていけばいいのです。

アンチエイジングにこだわる理由

多くの場合、抗酸化作用をもつ成分は他の重要なはたらきも兼ねており、心身にどこかダメージがあればそちらのケアに優先的に回されます。

なのでアンチエイジング効果が発現するのって本当に最後の最後なんです。

 

見た目がマイナス15歳なのに腸内環境めちゃくちゃで内蔵もボロッボロなんて人、見たことないです。

こういう人はお肌のコンディションがどうやっても荒れるのでまず若く見えることはありません。どんなに化粧してもたぶん下手な合成みたいな仕上がりになるはず。

 

私は面倒なことが嫌いなので、結果に強くこだわってアンチエイジングに取り組んでいれば、それ以外の部分も総合的にととのう、と判断しました。

あと単純に若く見られるって嬉しいですからね。

おっさんですけど

おわりに「何してもいいけど」

毎日サプリ飲んでるだけで何偉そうなこと言ってんだと笑われるかもしれませんが、あの私が、コンプレックスで「こんなワイなんか死んでしまえ」マンだったあの私が、毎日欠かさず自分への愛情表現をしているなんて、ちょっと感動です。

 

幻想だから夢だから関係ない何してもいい、ではなく。

いや、究極的には、天国では何してもいいんですが、この夢の中では「何してもいい」という状態は「自分をないがしろにする」と隣合わせのようで、自分を傷つけたり、時間の魔術でやがて自分に向かって一直線に返ってくる刃をばらまきまくるという挙動になりがちです。

まあこの世界でも、酩酊した状態で好きなように踊ったら怪我するしさせますもんね。

 

 

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。




いつも本当にありがとうございます
本コンテンツは個人輸入を能動的に誘引する目的で書かれたものではなく、あくまで個人の感想や体験を述べているものです。購入はお客様の判断で、自己責任でお願いします。
日本在住のお客様への大切なご注意: 当サイトで取り上げる製品は日本において再販売登録がされていないものがあります。もしご購入される場合は個人輸入のためのみにお買い求めいただけます。このウェブサイト及びリンク先サイトに掲載されている製品によっては、日本では医薬品成分であるものが含まれている場合がございます。自己の責任のもと、個人使用を目的にお求め下さい。
0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments