【緊急】体温を上げる食材をまとめてみた

どこで流行っているのかわかりませんが、567が猛威を奮っています。検査も苦しければ、感染してからもめちゃ苦しいらしいので、できることならかかりたくない!そんな今だからこそ、身近で1000円あれば手に入る体温アゲ食材を整理しておきます。

 

ウィルスが流行しているときに体温を下げたらもう負けです。ウィルスは低温と乾燥で本気出します。

 

体温を高く保っていれば、そもそも発症しないし、発症しても重症化し得ないのです。ウィルスってそういうものです。

万が一、高体温の人が重症化するようなウィルスがあるとしたら、それはそういうふうに作られたウィルスですし、そもそもそれはもうウィルスと呼べない何かです。(あっ)

スーパーで買える体温を上げる食材

なるべく身近でかんたんに手に入る、且つ実際に私が試して効果を実感した、体温を上げる食材をご紹介します。

しょうが

しょうがは言わずと知れた体温アゲ食材の王様

 

加熱してから本気を出します。

 

体温上げる系食材の王様です。

あのピリッとした辛味成分ジンゲロールに血流改善効果や体を温める効果、さらに、強力な殺菌作用ががあります。

また、80℃の熱が3時間以上加わることで、体温アップやダイエット効果がより強力なショウガオールに変化するので、保温性の水筒に沸かしたてのお茶といっしょに入れてしばらく置いてから飲むととくに効果的です。

 

皮はむいてはダメです。ポリフェノールや精油成分がたくさん含まれていますので非常にもったいないです。

ネギ

ねぎは古来から万能薬のように使われてきました

 

アリシンという成分が含まれており、血流改善効果や血行促進効果があります。このことから古来よりしもやけの症状緩和に使われてきました。

キムチ

唐辛子に含まれるカプサイシンの効果でアツアツになります

 

唐辛子に含まれるカプサイシンには体温を高めたり血行を促進する効果があります。

純米酒

日本酒は炭酸水や乳酸菌飲料で割ると飲みやすくなります

 

「抗酸化サプリ」と呼んでもいいレベルの栄養素

 

厳密には、醸造アルコールを用いない米と米麹だけで作られた日本酒です。醸造アルコールが入っているのに「純米酒」「米だけのお酒」とかは名乗ってはいけないルールになっています。

探せば1000円しないでスーパーで売っています。

 

日本酒の栄養素

  • アデノシン:血行促進効果=体温上昇
  • コウジ酸:メラニンの生成を抑える=美肌キープ
  • フェルラ酸:活性酸素除去
  • ビタミンB6:体内の酵素のはたらきを助ける補酵素。免疫の維持、皮膚の抵抗力増進、造血、神経伝達物質の合成、脂質代謝
  • 必須アミノ酸ぜんぶ(!?:バリン、ロイシン、イソロイシン、スレオニン、トリプトファン、ヒスチジン、フェニルアラニン、メチオニン、リジン

 

実際に私が純米酒600ml以上を毎日飲む習慣を半年近く続けた感想をざっくり説明すると、

体温上がって美肌になって疲れにくくなって腸内環境も整ってなんかしらんけど常にポジティブになって実年齢より若く見られる

ということになります。たしかに、栄養素を見れば納得です。そりゃそうなります。

 

このことから、私は日本酒はその栄養素の比重から考えて「アルコールというより抗酸化サプリ」と考えています。副作用で酔っちゃう抗酸化サプリ。

 

経験上、純米酒だけ飲むと、どれだけ飲んでも翌日気分の悪さはありません。仮に少し残っていても、なんと純米酒の気分の悪さは純米酒を飲むことで緩和できます。これは、二日酔いの気分の悪さの原因であるアセトアルデヒドを無毒化する物質、グルタチオンの材料となる栄養素が純米酒にはたくさん含まれているからです。

 

一般的な普通酒(醸造アルコール入り)は記憶が飛びます。あとちゃんぽんもダメです。高確率で翌日地獄をみます。

しょうが+純米酒

一気に辛口になってこれはこれでイイ!

 

純米酒に皮ごとしょうがを擦って入れただけなのですが、飲んだ直後からぽっかぽかです。

めんどうならサプリメント

サプリとはそもそもが面倒事をショートカットするためのものです。これらの食材を継続的に摂取できるなら基本的には不要だと思います。

ただ、まあご覧の通り苦手な人には苦手なものが多いですよね(^_^;)

 

そういう方は、高麗人参のサプリや、カプサイシンのサプリを摂ってみるといいでしょう。

 

以上です。

今日も体温&テンションアゲアゲで過ごしてください^_^

ありがとうございました。




Pass it on!
本コンテンツは個人輸入を能動的に誘引する目的で書かれたものではなく、あくまで個人の感想や体験を述べているものです。購入はお客様の判断で、自己責任でお願いします。
日本在住のお客様への大切なご注意: 当サイトで取り上げる製品は日本において再販売登録がされていないものがあります。もしご購入される場合は個人輸入のためのみにお買い求めいただけます。このウェブサイト及びリンク先サイトに掲載されている製品によっては、日本では医薬品成分であるものが含まれている場合がございます。自己の責任のもと、個人使用を目的にお求め下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*