某ワクチンの成分が酸化グラフェン99.99%という説について

暇すぎてとろけそうでしたので、最近SNSなどで急激に拡散されている「某ワクチンの成分の99.99%が酸化グラフェンだった!?」という説についてお腹いっぱいになるまで調べてみました。

すごい興味深い情報に出会いました。既にSNSなどでご存知の方も多いかと思いますが、

某ワクチンの成分の99.99%が酸化グラフェンだった!?

という話です。

※2021年6月頃からSNSなどであまりにも急激に話題になっており、拡散スピードからして思いっきり怪しいと考えていますが、とりあえず記念投稿です✌

酸化グラフェンは1.0%以下でもこんなに真っ黒!

出典:ALLIANCE Biyosystems

はい、終了。

……なのですが、も、もしかしたら私たちの知らない最先端技術で透明化に成功しているのかもしれませんし、せっかくなので流布されている説を追ってみます。

もうそろそろ強制接種させられそうな某ワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンだった!?

最近流行りの腐ァ医座ー社のワクチン(こみな茶)に成分に酸化グラフェンが含まれていた(しかも99.99%

つまり添付文書は嘘だったことになります。

 

また、最近日本の某大学が「酸化グラフェンによって新型コロナウイルスを完全に除去できることを確認」と発表しました。

存在証明のできていないものの除去を確認とは?

 

とりあえず酸化グラフェンの害としていわれているものをご紹介します。

酸化グラフェンは体内のグルタチオンを破壊する

  • ワクチン接種者は接種していない同年代よりも10歳近く老けて見えるというデータあり
  • グルタチオンが破壊される=酸化に弱くなる=免疫下がる、すごい老ける

本当だとしたら聞き捨てなりません。

……が、アルコールの代謝生成物であるアセトアルデヒド(二日酔いの気持ち悪さの原因)の中和にもグルタチオンをダイレクトに消費しますし、全細胞に存在する最強の抗酸化物質グルタチオンはそれ以外でも常時消費されますので、この酸化グラフェンとやらが特別というわけではないと思います。

とりあえず、いつもより多めにグルタチオン摂っておけばOKという簡単な話です。

仮に情報が虚偽だったとしても、グルタチオンでアンチエイジングの恩恵を受けられるので何も損はありません。

酸化グラフェンを接種すると体が磁力を帯びる


酸化グラフェンは生体内の水素と反応すると磁力を帯びます。(→コロナワクチンとグラフェン

これが、昨今世界中を賑わせている「ワクチンを接種したら体に磁石や金属がくっついた!」の原因といわれています。※ただし、ワクチンを接種してもくっつかない人もいるようです。(某社のワクチンは4種類あるようです)

酸化グラフェンを接種すると血栓ができやすくなる

酸化グラフェンのような人間の体に磁力を与える物質を注入すると、鉄分を含む赤血球が塊になって血栓症になるリスクが上がると言われています。

同ワクチンは界隈で「人口削減ワクチン」と騒がれていますが、たしかに血栓っぽい副反応症状の事例をよく目にするように思います。

酸化グラフェンを接種すると5Gを通じて神経系を操作される

いちばんトンデモ感のある説ですが、実際にグラフェンの持つ伝導性を利用して神経系を操作できる可能性について言及されています。

『グラフェンと神経細胞のインターフェイス』
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnsys.2018.00012/full

わざわざ脂質膜コーティングまでされてワクチンに入っている酸化グラフェン

酸化グラフェンを分解してくれるというミエロペルオキシダーゼさん(出典:Wikipedia)

体内で酸化グラフェンを分解するミエロペルオキシダーゼという酵素があり、酸化グラフェンをそのまま体内に入れても簡単に分解されていしまいます。

そこで、ワクチンに含まれる酸化グラフェンはわざわざ脂質膜でコーティングまでされており、こうすることで酵素による分解もされず、厄介な血液脳関門も突破してしっかりと脳に酸化グラフェンをぶち込むことができると考えられています。

そのため脂質膜が溶けないようにワクチンは超低温保存(-70℃)しなければならないそうです。

お酒がやたらと攻撃された理由は酸化グラフェンを無効化するから?

  • 酸化グラフェンを分解する酵素、ミエロペルオキシダーゼは煙草やお酒を摂取することによってたくさん作られる
  • とくにアルコールは脂質を分解するはたらきがあり、ワクチンによって体内に入った酸化グラフェンの脂質膜を分解してしまう
  • コーティングが剥がれた酸化グラフェンは、ミエロペルオキシダーゼに分解されるので無害となる

つまり、ここから、日本政府が緊急事態宣言やまん延防止法などで目の敵のようにしてお酒(を提供する飲食店)をいじめ抜いていたのは、ワクチンによって打ち込んだ酸化グラフェンの効果を無効化させないためだったのではないか、という話につながります。

 

たしかに、あのお酒いじめはどう好意的に見ても無理がありました。

それには激しく同意しますし、残念なことに現在の日本の政治家さんたちのほとんどは日本国民の敵っぽい動きをしているのは明らかですので、あの人たちならそういう目的でやりかねないな、とは思います。

マスクしても隠しきれてない人相がもう……

 

お酒を飲むと気持ちが大きくなって、密になる、大きな声で会話をする→感染が広がる(だから禁止)

……だったと思いますが、いやどう考えても無理があるでしょう笑

あの強引すぎる理由に違和感を覚えたのは私だけではないはずです。

 

実は企業を弱らせて外資に安く売り渡したいとか?(やっていることはほとんど政府による地上げですし)

そもそも存在しないウイルスの感染は拡大し得ないので……

 

危険なウイルスだという情報だけがしつこく発信されていて、それが実在するか否かは曖昧なまま置き去りにされています。まあコロナウイルスを実在する超危険なウイルスにしておきたい人たちもいるのかもしれませんが……。

テレビの人はマスクしてないし、満員電車では絶対クラスター起きないしいろいろ設定がザルなんですよ

 

終いには路上でお酒を飲むことまで悪いことのように報道させていました。(インタビューで「屋外だと密にならないから」とド正論を述べている人もいたにもかかわらず)まるで、もうお酒を飲むこと自体が悪いことのような印象操作を感じました。

お酒いじめに感じる嫌煙ムーブメントに似ている有無を言わせない気持ち悪さ

これ、あれに似ているんですよ。

嫌煙です。

 

嫌煙ムーブメントって、途中から明らかに気持ち悪かったと思いませんか?

私は受動喫煙とかスモーカーズフェイスの話が出てきたあたりから疑問を感じていました。終いには煙草の容器ひとつひとつにご丁寧に

たばこの煙は、あなただけでなく、周りの人が肺がん、心筋梗塞など虚血性心疾患、脳卒中になる危険性も高めます。

という感じの注意書きまでする始末。これで怪しむなというほうが無理です。

もしかしてやっているのは古典魔術とか陰陽道の系列の人たちなのかな?

 

こういう有無を言わせない系のやつはだいたい裏があります。これはあの人たちのパターンです。

なんかこう、バレないように時間をかけてじっくりと自然に事を行う、ということが苦手(不安に弱い)なのか、もうなんかちょっと掘ればわかるような雑な動きをしがちです。

 

私はアラフォーなので、子どもの頃は大人はどこでも煙草を吸っていました。お店の中、病院、駅のホーム、電車内、路上、バス&タクシーの中……などなど、むしろ喫煙が制限される場所のほうが珍しいくらい。なので、正直楽しい思い出には必ず煙草の匂いがつきものでした。

 

私自身、なんなら以前は喫煙者でしたし。

煙草を吸わなくなった今でも他人からする煙草の匂いは大好きです。

自分が喫煙者だと他人の煙草の匂いはわからないもので

 

あまりにもやり方が高圧的でなんか裏があるのを感じずにはいられませんでしたので、「煙草が健康に悪い」とか「肺がんの原因」という説は途中から一切信じていませんでした。

むしろ逆なんじゃないか、まで考えています。※煙草の煙に含まれる成分が何らかの疾患を決定的に食い止めていて、それが迷惑な人たちが存在する説。

 

今回の騒動でもバレてしまいましたが、WHOはじめあの人たちが人類の健康と幸せのために動く、何かを強制してくるなんてこれまでのパターンからしてまずあり得ません。

とりあえず“善意”の押し売り、ということにしておいてあげようかな、と思います。

酸化グラフェン99.99%説のネタ元がカオス

https://rumble.com/vjf3dh-covid-19-covid-19-is-caused-by-graphene-oxide-20210625.html

↑酸化グラフェン99.99%説を唱える動画は数あれど、おそらくこれが発端となった1本です。とりあえず、

  • 動画の背景がサイエンス感モリモリ出してて逆に胡散臭い
  • 動画の最後でサイトに誘導される→「寄付してね」と書いてある(あっ)

という感じの動画です。

 

スペインアルメリア大学の研究が根拠になっており論文にも同大学のロゴが入っていますが、アルメリア大学側は

  • うちとしてはワクチンは全面支持だからこんな論文を公式で出すわけない
  • 勝手に名前使われてまるでうちの公式見解みたいにされているので訴訟も辞さない

と、反論しています。

カオス

酸化グラフェンについての私の見解

以上を踏まえまして、酸化グラフェン99.99%説についての私の見解ですが、

  • 酸化グラフェンはたぶん体に良くない→グラファイト≒カーボンみたいなもんですから。胃洗浄じゃあるまいし。
  • 実は流行りのワクチンにほんのちょっと入っているかもしれない→水銀とかうま味調味料とか蛾の幼虫の細胞とか胎児の細胞とか入れるくらいですからやりかねません。
  • 某ワクチンの99.99%は酸化グラフェンちょっと待て

これが本当の狙いだったら嫌だ※妄想です

ここからの流れとしてなんか想像できるのが、

  1. 酸化グラフェン99.99%はデマでした~
  2. 反ワクチン派の連中はよく調べもしないでこんなデマを拡散する陰謀論者で信用ならない
  3. そんな人たちの言うことは無視して政府の言うとおりにワクチンを接種しましょうね(ニッコリ)

ってやつです。

いやいやいや、流行りの某ワクチンが怪しさ満点なのは揺るぎなくて、酸化グラフェンが入っている入っていないは関係ないですから笑

おわりに「グルタチオンが品薄なんだが💢」

いや~、混沌としていて退屈しませんね!

この歴史的な大混乱をリアルタイムで見ることができているのは素直にすごいことだなと感じますし、今現在テレビでワクチン打て打て煽っている人たちの顔と名前は絶対に忘れてはいけないな、と思います。

これまでもずっと信用してはいけなかったし、今後一切信用してはいけない人たちです。そもそも“人”なのかもわかりませんが……(幽霊とか魑魅魍魎かな?)

 

とりあえず、この説の真偽はともかく、世界規模でバズったこの話題のせいであちこちのブランドでグルタチオンが軒並み品薄になっており地味に迷惑しています。

 

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。




Pass it on!
本コンテンツは個人輸入を能動的に誘引する目的で書かれたものではなく、あくまで個人の感想や体験を述べているものです。購入はお客様の判断で、自己責任でお願いします。
日本在住のお客様への大切なご注意: 当サイトで取り上げる製品は日本において再販売登録がされていないものがあります。もしご購入される場合は個人輸入のためのみにお買い求めいただけます。このウェブサイト及びリンク先サイトに掲載されている製品によっては、日本では医薬品成分であるものが含まれている場合がございます。自己の責任のもと、個人使用を目的にお求め下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。