「コロナワクチンまだ打ってないの?」系同調圧力との戦い方(木原功仁哉弁護士)

木原功仁哉弁護士がご自身のツイッターで最近よくある「コロナワクチン打て!」「まだ打ってないの?」系の同調圧力を論破する方法を法律の観点から解説して下さっていますので、まだの方はご一読されることをおすすめします。

「コロナワクチン打て」系の同調圧力との戦い方

文中にあるリンク→ポストセブン『コロナワクチン接種の4日後に急死した26才女性 因果関係はあったのか』

 

木原功仁哉(きはらくにや)法律事務所
http://kihara-law.jp/greeting/

おそらく今後も何度でもだまされるだろう(伊丹万作監督)

あんなにも雑作なくだまされるほど批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己のいっさいをゆだねるようになってしまった国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのである。(中略)「だまされていた」と言って平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現代でもすでに別のうそによってだまされ始めているにちがいないのである。

これはコロナ騒動が終わった未来の評論ではありません。

映画監督の伊丹万作氏(1900~1946)が、敗戦の翌年に「戦争責任者の問題(映画春秋1946年8月号)」で述べたことです。

知能テスト(人類選別)かな?

 

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。




共有してくださると喜びます
本コンテンツは個人輸入を能動的に誘引する目的で書かれたものではなく、あくまで個人の感想や体験を述べているものです。購入はお客様の判断で、自己責任でお願いします。
日本在住のお客様への大切なご注意: 当サイトで取り上げる製品は日本において再販売登録がされていないものがあります。もしご購入される場合は個人輸入のためのみにお買い求めいただけます。このウェブサイト及びリンク先サイトに掲載されている製品によっては、日本では医薬品成分であるものが含まれている場合がございます。自己の責任のもと、個人使用を目的にお求め下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.