最近よく聞く「ヒポクラテスの誓い」とは

最近ワクチンについて調べていると出てくる「ヒポクラテスの誓い」とはどういうものなのか調べました。

ワクチンの合法的な断り方にも出てくるヒポクラテスの誓い

1.”拒絶”してはいけません.ケンカ腰だと思われてしまいます.あくまで丁寧にお断りするようにします

2.ワクチンにMRC-5が入っているか聞いてみて下さい(全てのワクチンに入っています.中絶胎児の細胞やDNAです).Yesなら,拒否する権利があります

3.さらにワクチンで”医原性反応”(副作用)が起こり得るかどうか聞いて下さい(起こり得ます).医師がYesと言えば,あなたは”ワクチン免除カード”を得たも同然です.礼を言ってその場を立ち去りましょう
医師は”ヒポクラテスの誓い”に宣誓しています(“まず害をなすなかれ”).こうしてワクチンを合法的に拒否できます.

こちらの「合法的なワクチンの断り方」(ナカムラクリニック様)にも出てくるヒポクラテスの誓いについて調べました。

ヒポクラテスの誓い

医師の職業倫理について書かれた宣誓文で、世界中の西洋医学教育において長く教えられてきている。医師は、医学部卒業式や医療機関への入職時などの機会に、自ら暗唱したり、あるいは暗唱を求められたりすることがある。近年、医学が発達し、チーム医療が進むにつれ、医師以外の医療スタッフも確固たる倫理意識を持ち、共有する必要が生じてきた。日本では現在、看護師その他の医療専門職の教育課程でも、カリキュラムの一環として教えられている。

医神アポロン、アスクレピオス、ヒギエイア、パナケイアおよびすべての男神と女神に誓う、私の能力と判断にしたがってこの誓いと約束を守ることを。
この術を私に教えた人をわが親のごとく敬い、わが財を分かって、その必要あるとき助ける。
その子孫を私自身の兄弟のごとくみて、彼らが学ぶことを欲すれば報酬なしにこの術を教える。そして書きものや講義その他あらゆる方法で私の持つ医術の知識をわが息子、わが師の息子、また医の規則にもとずき約束と誓いで結ばれている弟子どもに分かち与え、それ以外の誰にも与えない。
・私は能力と判断の限り患者に利益すると思う養生法をとり、悪くて有害と知る方法を決してとらない。
・頼まれても死に導くような薬を与えない。それを覚らせることもしない。同様に婦人を流産に導く道具を与えない。
・純粋と神聖をもってわが生涯を貫き、わが術を行う。
・結石を切りだすことは神かけてしない。それを業とするものに委せる。
・いかなる患家を訪れるときもそれはただ病者を利益するためであり、あらゆる勝手な戯れや堕落の行いを避ける。女と男、自由人と奴隷のちがいを考慮しない。
・医に関すると否とにかかわらず他人の生活について秘密を守る。
・この誓いを守りつづける限り、私は、いつも医術の実施を楽しみつつ生きてすべての人から尊敬されるであろう。もしこの誓いを破るならばその反対の運命をたまわりたい。

(コトバンク『ヒポクラテスの誓い(読み)ひぽくらてすのちかい』より引用)

 

医師は、医学部卒業式や医療機関への入職時などの機会に、自ら暗唱したり、あるいは暗唱を求められたりすることがある。

おわりに「形だけくさい」

大層な宣誓文だとは思いますが、意味がなく強制力もない形だけのものであることは今の世界を見れば明らかです。

私はこんなのよりも、ちゃんと罰則を伴った具体的な規制を作ってそれに署名したほうがいいと思います。

 

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。




共有してくださると喜びます
本コンテンツは個人輸入を能動的に誘引する目的で書かれたものではなく、あくまで個人の感想や体験を述べているものです。購入はお客様の判断で、自己責任でお願いします。
日本在住のお客様への大切なご注意: 当サイトで取り上げる製品は日本において再販売登録がされていないものがあります。もしご購入される場合は個人輸入のためのみにお買い求めいただけます。このウェブサイト及びリンク先サイトに掲載されている製品によっては、日本では医薬品成分であるものが含まれている場合がございます。自己の責任のもと、個人使用を目的にお求め下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.