サル痘のシナリオと細菌ゲームとワクチン

次はサル痘を騒ぎ出しましたので、THE EXPOSEより興味深い記事をご紹介します。やはり例のワクチンが原因っぽいです。

 

 

★THE EXPOSEの「Monkeypox: Scenarios, Germ Games and Vaccines」についてご紹介します。例のごとくすごく長いので内容を超簡単に内容を要約すると

  • サル痘の流行はシナリオ通り
  • 2021年にビルゲイツが「パンデミックや天然痘テロに備えるために年間10億ドル以上必要」と発言
  • 2023年には3億人弱の死者を出す予定
  • しかも今までのサル痘と全く違う挙動をしている。これはコ□ナワクチンが免疫系を破壊したから
  • コ◇ナワクチンが免疫系を破壊することは明らか。そこへ天然痘ウイルスが入ったワクチンを打てばどうなるか→今までとは違う挙動をする天然痘

天然痘テロ対策とか言ってる本人(ワクチン打ちたがり窓おじさん)がテロ起こすんじゃん……

以下全文です。

モンキーポックスシナリオ、細菌ゲーム、ワクチン by Rhoda Wilson on May 21, 2022

モンキーポックス シナリオ、細菌ゲーム、ワクチン by Rhoda Wilson on May 21, 2022

ビル・ゲイツが「次のパンデミック」と予言したものを、欧米の政府やメディアは実行に移しているようである。この最新の「人獣共通感染症」のセンセーションは、無名のエキゾチックなサル痘ウイルスと思われる。このウイルスはすでに見出しを飾っており、発足したばかりの世界政府会議、G7のメンバーは、「蔓延を止める」と称して、大手製薬会社に何億もの公的資金を投入しているのである。デジャ・ヴ(既視感)か?

英国では、サジッド・ジャビド保健相が、迫り来る猿痘の惨劇を防ぐために天然痘ワクチンを備蓄することを発表し、米国政府は猿痘を予防するワクチンを数百万回分注文した。さらに、世界保健機関(以下、WHO)は今週、「蔓延を食い止める」方法について緊急会議を招集する予定だ。

■2021年3月 サルモドキシミュレーション

2021年3月、核脅威イニシアチブ(以下、NTI)はミュンヘン安全保障会議と提携し、”架空の国ブリニアで発生し、18カ月かけて世界的に広がった、珍しい株のサル毒ウイルスによる致命的な世界的パンデミック “をシミュレートすることに成功しました。

NTIの論文 2021年11月、重大な生物学的脅威を予防し対応するためのグローバルシステムの強化
“演習の後半で、シナリオは、最初のアウトブレイクが、バイオセーフティとバイオセキュリティの規定が不十分で監視が弱い研究所で操作された病原体を用いたテロ攻撃によって引き起こされたことを明らかにする。演習シナリオの結論は、全世界で30億人以上の感染者と2億7千万人の死者を出すというものです。”

NTIの論文 重大な生物学的脅威を予防し対応するためのグローバルシステムの強化」2021年11月、15頁
シナリオは、2022年6月5日の「攻撃」から始まる:1,421人の患者と4人の死者を出したサル痘の発生である。

「猿痘はブリニアで自然に見られるものではないため、国内外の専門家はこの発生を異常なものとみなしている。ブリニア州政府は国際的な発生調査を歓迎し、WHOに医療支援を要請している。猿痘患者サンプルのゲノム配列決定により、ブリニアの株は既存のワクチンに対して耐性を持つ変異を持つことが明らかになった。”

2023年1月10日までに83カ国が感染し、130万人が死亡、サル痘はワクチン耐性を持つように操作されていることが明らかになる。

「有効な治療法やワクチンが知られていないため、パンデミックの影響を緩和するために、各国は主に非医薬品介入(NPI)に頼らざるを得ませんでした。

「パンデミックの管理における国の成果が大きく異なることを示すように、架空のドランマ共和国を含むいくつかの政府は、ウイルス感染を遅らせるために、集団の集会を閉鎖し、社会的混乱策を講じ、マスクを義務付けるなどの積極的な措置を速やかに採用した。また、これらの国では、大規模な検査や接触者追跡のオペレーションを確立し、予想される患者数の増加に対応するために医療システムの規模を拡大しました。

「対照的に、シナリオでは、架空のカルダスを含む別の国々が、経済の開放を維持することを優先し、NPIをほとんど実施せず、ウイルスとその潜在的な影響を軽視していることが描かれています。これらの国々は、早期かつ精力的に対応した国々に比べて、病気や死亡率の面ではるかに悪い結果を経験しました。

「ドランマはカルダスよりはるかに少ない患者数と死亡者数を経験しました」

■ビル・ゲイツの細菌ゲーム
2021年11月初め、ビル・ゲイツと英国国会議員ジェレミー・ハントは、将来のパンデミックの可能性について議論した。 幅広い議論の中でゲイツは、年間約10億ドルの予算を持つ新しい国際的なパンデミック・タスクフォースの設立を呼びかけた。WHOレベルのパンデミック・タスクフォースでは、監視を行い、私が『細菌ゲーム』と呼んでいるような練習を実際に行うために、おそらく年間10億ドル程度が必要になるでしょう」とゲイツ氏は述べました。

ゲイツ氏によれば、各国政府は将来のパンデミックや天然痘テロに備えるために、研究開発に何十億も投資しなければならないとのことだ。

「もし、バイオテロリストが10カ所の空港に天然痘を持ち込んだらどうするか?その時、世界はどのように対応するでしょうか?自然が引き起こす伝染病やバイオテロが引き起こす伝染病は、今日経験したことよりもずっとひどいものになる可能性さえあるのです」と彼は言った。

■天然痘ワクチンによるサル痘対策
2021年11月初旬の疾病管理予防センター(以下、CDC)のワクチン諮問委員会に基づき、米国は天然痘の脅威に注目していたとPrecision Vaccinationsは記している。2021年11月3日、オルソポックスウイルスワークグループの議長であるPablo Sanchezによる紹介の後、CDCの予防接種実施諮問委員会は、天然痘ワクチンJynneosに焦点を当てた2つのプレゼンテーションについて検討しました。

数日前、Precision Vaccinationsは、米国バイオメディカル先端研究開発局(以下、BARDA)が天然痘ワクチンJynneosの凍結乾燥品を供給する既存の契約に基づいて最初のオプションを行使したことを報じました。

そして、患者数の増加の結果、英国の大臣が天然痘ワクチンの在庫増を命じた。 昨日のデイリー・メールによれば、英国はサル痘ワクチンと治療薬を数千本備蓄しているとのことである、これは現在の患者数の増加が氷山の一角に過ぎないとの懸念からである。 政府は現在、国家備蓄として5千人分のワクチンを保有しているが、さらに2万人分を注文したとテレグラフ紙が報じている。

米国、スペイン、ポルトガルでも患者が発表されており、これまでで最も広範囲なサル痘の発生となっている。カナダでも疑い例がある。

WHOは、現在進行中の大流行について議論するため、主要な専門家を集めて緊急会議を開いている、とThe Telegraphは理解している。その中で、バイエルン・ノルディック社製の天然痘ワクチン(米国ではジンネオス、英国ではイムバネックスとして知られている)の接種の可否が提起される予定である。

猿痘から人々を守るために、Jynneosワクチンは2019年に米国FDAによって承認されました。 また、JynneosはImvamuneまたはImvanexとして知られ、2013年に欧州医薬品庁から承認され、成人における天然痘およびサルモドキ病の予防を適応としています。

イムバネックスは、英国では2013年に天然痘の治療薬として承認されましたが、その後の研究により、サル痘の予防効果は85%であることが示されています。 英国ではサル痘の治療薬として承認されていませんが、医療従事者は「適応外」で使用することができます。

■サル痘?なぜ今までと違う動きをするのか?
アメリカのニュースサイトVoxによれば、今回のサル痘患者の集団発生は、これまでの集団発生とはいくつかの点で異なっているとのことだ。まず、今回の集団感染は、この病気が野生動物で循環しているアフリカの国々を越えて、多くの感染が同時に起こっていることだ。

Voxによれば、今回の症例の多くは、男性とセックスをする男性の間で発生しているとのことだ。多くの症例は、性器にニキビのような斑点が集まってできている-サル痘の発疹が始まる場所としては珍しい。

なぜ、今までと違う行動をとるのだろうか? もしかしたら、コビド注射が私たちの免疫システムにダメージを与え、潜伏感染や他の感染症を出現させたのだろうか?

ポール・アレキサンダー博士はそう考えている。「まだ初期段階だが、これには目を離せない」と書いている。さらに、アレキサンダー博士が常に主張しているように、ロックダウンとマスクは免疫系にダメージを与えているのである。 アレキサンダー博士はこう続けた。

これは万能で、まだ初期で情報が集まっている段階だが、当局は “心配ない “で統一している。この病気は簡単には感染しないので、何か腑に落ちないし、CDCもこの件に取り組んでいるので、今はとても心配している。このようなケース(数は少ないかもしれないが)が出てくるのは非常に珍しいことで、問題はその理由である。もっと多くの情報が必要だが、メディアや変人の話し相手が、待ち、学び、理解し、そして彼らが話すようなくだらないことを話すとは期待しない方がいい。いいえ、それは誇大広告とヒステリーです。

「しかし、私たちが知っているのは、コビドワクチンが抗原/スパイクに対する自然な生得的抗体を破壊していることです。ですから、私たちは、ワクチンそのものが、特に子どもたちの免疫系を破壊していると見てよいでしょう。以前の感染症では、私たちの免疫システムは抑制されていましたが、コビドワクチンでは、免疫システムが出現する可能性があり、出現しています。私たちは、この効果のない危険なコビドワクチンを使って、このような事態を引き起こしたのです。

「これは、私たちの生来の抗体(Abs)が、Covidウイルスと結合/除去/中和することができず、ウイルスを除去/滅菌する機能を失っている状況であり、mRNAによるワクチンAbsは中和しないので価値がないのです。特にワクチンがヌクレオカプシドタンパク質Abs(N Abs、Follmannら参照)の反応を破壊している可能性を示す研究により、生得的な損傷は、Covidや様々なウイルス、癌に感染しやすい状態を残す。Ryan Coleは、このことについて繰り返し議論し、警告してきた。私もまた、そうである。繰り返しますが、私は、mRNAワクチンは効果がなく危険であると警告しています。

“フォルマンらの研究の重要な発見は、ワクチンを接種した人は、抗ヌクレオカプシドAbs(ウイルスのコアにある、より安定した保存タンパク質で、膜タンパク質、エンベロープタンパク質などの他のタンパク質と共に)を生成する可能性が大幅に低かったことです(ワクチン40%対非ワクチン93%)”と述べています。

今までのところ、少数ではあるが、出現した猿痘とコビド注射の関係を切り離さないでほしい。「ワクチン」が免疫反応を阻害するという証拠は弾丸のように明らかである。

アレキサンダー博士は、「我々は、コビット注射によって免疫反応が損なわれた氷山の一角を見たに過ぎず、それ以前の良性の病原体や免疫システムが打ち負かしたはずの病原体に感染しやすくなっているのかもしれない」と書いている。

「コビットワクチンは、注射後2週間、免疫反応を平らにし、コビットや多くのウイルス/病原体に感染しやすくなります;それは、自然免疫と獲得適応免疫を損傷し、感染しやすくなります。

専門家は、天然痘ワクチンはサル痘に85%の効果があると言っています。これは良いニュースではありません。何百万人/何十億人がCovid注射によって免疫不全に陥っているのですから。 さらに、天然痘ワクチンは天然痘を再導入する可能性を持っている。

サル痘予防のための天然痘ワクチンは、世界的な天然痘(バリオラ)の流行を引き起こす可能性があります。「私は警告します、そこまで愚かであってはなりません、あなたはCovidワクチンで何百(b)億の免疫系を損傷したことを理解しています」とアレキサンダー博士は警告しています。




いつもありがとうございます好きです
昨今の世界情勢でサプリの価格が投稿時点から変動することがあります。予めご了承ください。
本コンテンツは個人輸入を能動的に誘引する目的で書かれたものではなく、あくまで個人の感想や体験を述べているものです。購入はお客様の判断で、自己責任でお願いします。
日本在住のお客様への大切なご注意: 当サイトで取り上げる製品は日本において再販売登録がされていないものがあります。もしご購入される場合は個人輸入のためのみにお買い求めいただけます。このウェブサイト及びリンク先サイトに掲載されている製品によっては、日本では医薬品成分であるものが含まれている場合がございます。自己の責任のもと、個人使用を目的にお求め下さい。

広告