【実体験】アミノ酸シャンプーのメリットとデメリット

実際にアミノ酸シャンプーを使っている私が感じた、アミノ酸シャンプーのメリットとデメリットをまとめます。アミノ酸シャンプーを検討されている方はぜひ参考にしてください。

アミノ酸シャンプーってこういうの

これは実際に私が使っているアミノ酸シャンプー(とアミノ酸コンディショナー)マイヘアです。※ピンク色がシャンプーで緑色がコンディショナーです。

 

 

 

ではさっそく、デメリットとメリットを解説します。

アミノ酸シャンプーのデメリット

  • 高価でコストパフォーマンスが悪い
  • 洗浄力が弱い

高価でコストパフォーマンスが悪い

アミノ酸シャンプーは一般的なシャンプーに含まれる界面活性剤ではなく、アミノ酸系の洗浄成分が配合されています。この成分が高価なため、本体のお値段も量のわりに高くなりがちです。

洗浄力が弱い

これは、市販の硫酸化合物系の界面活性剤が入ったシャンプーで皮脂を完全に落とした感触が好きな方には物足りないかもしれません。

しかし、ご存知の通り、「毛穴に詰まった皮脂が薄毛の原因」というのはかなり無理がある謎理論であることが証明され始めており、皮脂の落としすぎは将来の髪のためになりません。※その皮脂は頭皮を弱酸性に保って健全なマイクロバイオーム(共生細菌の生態系)を守ってくれているものです。

アミノ酸シャンプーのメリット

  • 髪と頭皮の栄養の塊&癒やしの美容液
  • 赤ちゃんにも使えるくらい低刺激
  • 惚れ惚れする高い保湿力

髪と頭皮の栄養の塊&美容液

髪の毛はケラチンというたんぱく質でできており、そのたんぱく質の材料になるのがアミノ酸なので、アミノ酸シャンプーは髪と頭皮にとっては栄養の塊で美容液。

アミノ酸シャンプーでの洗髪はもはやサロンのヘッドスパです。

効果を最大限に引き出すためにも、すぐに洗い流すのではなく3~5分くらいは優しく頭皮をマッサージすることを強くおすすめします。

赤ちゃんにも使えるくらい低刺激

アミノ酸シャンプーは低刺激なので赤ちゃんの肌にも使えます。※実際に私が使っているマイヘアを、赤ちゃんの体や髪を洗うのに使っているという話をよく聞きます。

必要な皮脂まで落としすぎないので、とくにフケがすごい人は試す価値あり!

惚れ惚れする高い保湿力

アミノ酸シャンプーは皮脂を落としすぎないため、洗い上がりがしっとりします。私も最初は洗い上がりの髪を触って「これが本当に自分の髪か!?」と思いました。

フケや薄毛にお悩みの方は皮脂の落としすぎが原因(断言)なので、アミノ酸シャンプーはおすすめです。

おわりに「シャンプーやコンディショナーは化粧品」

化粧水にコストパフォーマンスなんて求めないのに、シャンプーやコンディショナーにはそれを求める人が多いのって不思議ですよね。

肌荒れはちゃんとケアすれば治せるけれど、薄毛やダメージヘアは1回なってしまうと治すのに相当なお金と努力を要します。

優先順位が逆じゃないですかね?^^;

 

 

以上です。

ありがとうございます。

 




Pass it on!
本コンテンツは個人輸入を能動的に誘引する目的で書かれたものではなく、あくまで個人の感想や体験を述べているものです。購入はお客様の判断で、自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*