2021年2月23日「ついに風邪を引いた!?😆」

高麗人参を毎日欠かさず飲んでいます。そのおかげなのか、2020年は1回も風邪を引きませんでしたが、ついに超久しぶりの風邪の兆候がありましたのでご報告します!

なつかしのアメブロみたいな、見出し少なめの感じで書いてみたいと思います。

高麗人参を毎日欠かさず飲み始めたのが2020年の1月です。

 

そのちょっと前、2019年末頃に風邪をこじらせてひどいことになり、

どうしても石油系のお薬は飲みたくなかったので、

いろいろ調べて高麗人参にたどり着いて、

たまたま家にあった高麗人参を含むサプリを飲み出して3日くらいで全快した、という経緯があり、

「恋愛と体感は試行回数」がモットーの私としては、もう一回試してみたいと考えていました。

 

ところが、毎年シーズン中は複数回風邪を引くのが恒例だったのですが、

2020年は1回も風邪を引かないまま終わりました。

 

そこへ訪れた超久しぶりの風邪の兆候に、私はワクワクしてしまいました。

 

 

この日、18時くらいになってから、サラサラした鼻水がずっと出るようになりました。

 

そのうちに、頭がぼーっとした感覚も出てきましたので、体温を測ると36.9℃。

これは高麗人参を飲み始めてからの平熱の範囲内なので、「熱がある」というわけではありませんでした。

※ん?そういえば「熱がある」って何だろう?ってなりました。

 

ちなみに、36.9℃は以前(平熱35.5℃時代)だと完全にダウンしている体温です。

ルーティンで朝に1粒、高麗人参(を含むエナジープラス)を飲んでいましたが、

念のためこの時間にもう1粒飲み、とくにマスクや厚着をしたりせず、いつもどおり布団に入りました。

 

 

翌朝になると、鼻水もぼーっとした感覚もなくスッキリしていました。

むしろ、寝る前に飲んでいるので朝からやたらと活動的(イケイケ)な感じでした。

滋養強壮ですね

 

前夜に飲んだのが19時頃で、そこから8時間経過していましたのでいつもどおり朝の1粒は飲みました。

 

 

以上です。

また何かこういった変わったことがあったら、こまめに記録してご報告したいと思います。

 

 

追記

「風邪引いた」とか「風邪気味」って言いづらい世の中になってしまいましたよね。




いつも本当にありがとうございます
本コンテンツは個人輸入を能動的に誘引する目的で書かれたものではなく、あくまで個人の感想や体験を述べているものです。購入はお客様の判断で、自己責任でお願いします。
日本在住のお客様への大切なご注意: 当サイトで取り上げる製品は日本において再販売登録がされていないものがあります。もしご購入される場合は個人輸入のためのみにお買い求めいただけます。このウェブサイト及びリンク先サイトに掲載されている製品によっては、日本では医薬品成分であるものが含まれている場合がございます。自己の責任のもと、個人使用を目的にお求め下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.