ネガティブな感情はDNAのスイッチをOFFにする

ネガティブな感情を抱くと自分だけでなく周囲のDNAにまで悪影響があるという実験データがあります。たしかに私の周囲で大病を患った人の特徴なども振り返ってみると当たっているような気がします。

 

こちらの「超不都合な科学的真実 もうからない重要な発見はすべて潰される(ケイ・ミズモリ 5次元文庫)」の290ページを参考にお話しします。

 

DNAは感情に敏感に反応する

  • 同じ環境・生活習慣でも病気になるならないがあるのは、原因が主に思考性癖によるから
  • ネガティブな感情を押し込むと免疫が下がってやがて病気として発現する
  • 人間の胎盤DNA入り容器を持つ実験で感謝賞賛を抱くとDNAは弛緩して長くなった
  • 怒り・恐れ・葛藤・ストレスを感じるとDNAは固く引き締まって短くなったうえにスイッチOFF状態になった
  • ……が、再び愛や喜び、感謝や賞賛の感情を抱くとDNAは機能を回復

 

DNAはネガティブな感情によって機能不全を起こす

 

つまり、人間は愛・喜び・賞賛がデフォルトってことです。

前2つはともかく賞賛むずい

 

この実験をHIV陽性者に対して行ったところ、喜び・愛・感謝の感情を持つ被験者は、そのような感情を持たない被験者と比べて最大30万もの抵抗力を生むことが確認された。

 

これを見ると、メディアが毎日毎日政治家の不正や、芸能人のスキャンダル、悲しい事故事件ばかりを発信し続ける目的が何なのか再考させられますね。

薬周辺の人たちは巨大スポンサーですからね

私の周囲で大病を患った特徴的な人を振り返る

※この病気にかかる人がみんなこういう人間性だと言うわけではありません。心優しく親切なのに同じ疾患で苦しんでいらっしゃる方を批判する意図もありません。あくまでひとつの事例として紹介します。

倒れた父はこんな人だった

私の父は、

  • 生まれのコンプレックスからくる被害妄想がすごい
  • いつでも過去を悔やんでいる
  • 口では他者批判、内では自己批判
  • ご近所様の目(世間体)を極度に気にしている
  • 常に何かを恐れ、常に何かに怒っている
  • 家族すら信じられず常に疑っている
  • 明日のことなんて考えたくない

という人でした。

簡単に整理すると

  • 過去:後悔
  • 現在:恐怖、心配、不安
  • 未来:恐怖、考えたくない

という人ですね。

 

その結果、60代のときに脳梗塞で倒れました。そこからは持ち前の厭世観と自己嫌悪が一層過激になり、急激に老け込んでいき、今現在ではとっかえひっかえ体の不具合を抱えながら、世間への怒りをぼやき続けています。

 

ひとつ愛情をかけると10くらいそれを否定する言動を投げつけてくるので、

そうだねー

って聞きながら、諦めずに愛情の火を燃やし続ける、という接し方をしています。

気づいてあげるのが20年遅かったなって

突然倒れた昔の職場関係の人はこんな人だった

  • いつも頭を悩ませている
  • 常に世界に罪(攻撃対象)を探している
  • 常に上司の目を気にして恐怖している
  • いつでもった顔をしている
  • 常に無表情か怒った顔をしているので口がへの字
  • 常に怒っているので赤ら顔
  • 人生を強く後悔している
  • 妬み僻みの感情が強くほぼそれが動機
  • 実は自分を恥じている
  • 世界なんて消えてしまえ明日なんて来なければいいと思っている

この方も父と同じ脳梗塞で突然倒れました。

 

その好戦的な人間性から強く周囲から嫌われていたので、倒れられたときに「天罰だ」という声が相次ぎました。

うーん……、私天国逝ってきましたけどJUDGEMENTとかするような人あっちにはいませんでしたので罰は天からはこないです。そもそも比較という概念がないのでJUDGEMENTも罰も発生し得ないのです。

がんになった知人はこんな人だった

  • 基本明るいが行動がすべて自己処罰
  • 自らの女性や母性を強く否定するような言動(深層心理)
  • やっていることが良く言えば破天荒、悪く言えば破滅的
  • 愛を強く否定しながらもかすかな希望を抱いて愛と祝福を探しているのが見てわかる

がん細胞って自己処罰(否定)感情が実体を持って現れた最終形態と聞いたことがあります。

その証拠に、全細胞にあって体を若々しく保つための超抗酸化物質グルタチオンをごっそり持っていきます。グルタチオンごっそり持っているのでそれはもう手強いんです。

 

私と年齢変わらないのにすごい疲れていらっしゃるんですよお肌と見た目が。

きれいなお顔立ちをされているのに非常にもったいないなーっていつも思います。

おわりに「若々しくいたいならネガティブは禁物」

DNAのスイッチOFFになるとかアンチエイジングの緊急事態です。

 

いつでもスイッチONにしておくには、愛・喜び・感謝・賞賛

大半のネガティブはこの感情おっかぶせることで消すことができますが、慣れていないうちは負けますし、ショックを伴うやつとか強いやつはそうはいきませんよね。

 

そういうときは、デトックス腸内環境のケアです。

具体的に言うと、出る出る系のやつ飲んで、まっさらにしたところにオメガ3脂肪酸を入れて、乳酸菌なりオリゴ糖なりを取って腸内環境を整えることです。

 

サプリとかなしで即できる方法としては、

  • しっかり水分補給しながらサウナ
  • 口角ガッツリ上げる!!

です。

これもう本当に超オススメです。ネガティブ入ったらすぐその足でミネラルウォーター買ってサウナに行ってみてほしい。

サウナ代数百円くらいで済むし効果絶大だから、ほんと騙されたと思って次回は試してみてほしいです。

これあと20年早く知っていたら人生10年は時短できた

 

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

追記:この説、ソマチット理論やアントワーヌ・ベシャンの学説ともちょっと似通ってますね。




いつも本当にありがとうございます
本コンテンツは個人輸入を能動的に誘引する目的で書かれたものではなく、あくまで個人の感想や体験を述べているものです。購入はお客様の判断で、自己責任でお願いします。
日本在住のお客様への大切なご注意: 当サイトで取り上げる製品は日本において再販売登録がされていないものがあります。もしご購入される場合は個人輸入のためのみにお買い求めいただけます。このウェブサイト及びリンク先サイトに掲載されている製品によっては、日本では医薬品成分であるものが含まれている場合がございます。自己の責任のもと、個人使用を目的にお求め下さい。
0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments